カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

休日のお楽しみちょこっとアウトドア・・・・・女子美術大学・学園祭を見学


今回の休日のお出掛けは、神奈川県の女子美術大学の学園祭に出かけました。

途中、中央道のSA談合坂によると、ドクターヘリが降りていました。

中央道のSA談合坂 ドクターヘリ

何か、病人かケガ人のようです。 ヘリポートのよこに ドックランがあり見学

広い緑地に「Pet ほっとエリア」として 長距離ドライブの

ペットの 休憩場所として 広いエリアが 用意してありました。

中央道のSA談合坂ドックラン

中・大型犬 エリアと 小型犬 エリアに分かれた ドックランを 完備

雨の日にも ワンちゃんが 自由に動ける 部屋や シャワーの 用意もありました。

ドックラン の他にも リードをつけて わんちゃんの車での移動の

ストレスが とれるように 広い緑地を サンポできます。

中央道のSA談合坂ドックラン

ワンちゃんを 連れての 長距離ドライブには 大変 助かります !

SA を出発して 高速を走ると 下り線で 事故が起きていました

先ほどの ドクターヘリは この事故の ケガ人のため

談合坂SA に待機していたようです。 事故には 気をつけねば !

女子美術大学・学園祭を見学


女子美術大学・学園祭の見学

こちらの 大学の「立体アート」という 学部の作品を 見にきました。

大学の「立体アート」

美大の絵を描く課ではなく 立体的な美術とは どういうものか ?

学園祭 ということで 出店や ステージではショーもあり

沢山の方々で 盛り上がっていました。

学園祭 出店や ステージではショー

学園内には 作品を制作している方や 至る所に作品があり おもしろいです。

学園内には 作品を制作している方


いよいよ「立体アート」のエリアに 学園内では ずいぶん奥の方です。

「立体アート」のエリアに

その意味も 後から良く解りました。

最初に 迎えてくれたのは「青い犬」でした。

木彫の「青い犬」

窓ガラスに 足をついて 良くある 犬の仕草を とらえています

太い 丸太から彫り出して いるそうですが

良く ワンちゃんの造形を とらえています。 なぜ 青いのか わかりません。

猫ちゃんの 作品もありました。ネコと毛糸玉 という モチーフですが

木彫のネコと毛糸玉

こちらの 作品も一つの 木の材料から 彫り出した 立体的な作品だと 思います。

ねこの 細部 や毛 糸の質感 一つの木の塊りからの 仕上がりは すばらしいです。

大変な 時間がかかったのでは ないでしょうか?

ご紹介しているのは「立体アート」でも 木を使って作品を

制作する 生徒さんの ブースをみています。

こちらは 木で制作された 大きく自立した " # "

木彫の

木で造られたとは 思えぬ 質感です まるでプラスチックのようです

仕上げが 綺麗な作品です。 美術作品ですが # と一緒に 写真を 撮り

自分を 発信する 機会に 使ってほしいそうです !

カブを 彫り出している 作品 元の木の材料は 下に見える 角材だと思います。

木彫の カブ

元の木の 材料から あの大きさの丸みのある カブを 彫り出すのは 難しいのではないでしょうか?

作品のほかに 作業をする部屋 や 道具の ノコや ノミも 見ることができました。

木彫のノコや ノミ

沢山の道具や 機械が揃えられていて 美術大学となると 凄いものだなぁ~と 思いました。


木の彫刻作品のなかでも 大きな木の塊り 「心臓」 を モチーフに

木彫の「心臓」

丸太から 削り出している作品 表面に血管も 削り出して 表現してあり

なぜか「カメレオンのシッポ」と コラボした 大作が 迫力でした!

木彫の 制作部屋の外には 大きな丸太が ゴロゴロ

こういう 丸太から作品が 作られているということですね !

木彫の材料丸太


木彫の展示の後は ガレージのような建物に見学に

ガレージのような立体アートの工房

石を使った 立体アートの会場に たいへん面白い作品

いろいろな種類 の 石を 削り出し磨いた お寿司一人前 !

石を 削り出し磨いた お寿司一人前 !

石の作品 力強い作品もありました 削り出すの 大変だろうなぁ~ !

石の力強い作品

となりは 金属を使って 立体アートを 制作する 作品がありました。

猫ちゃん いました~!

金属の線を 曲げて 加工し ネコを 造形

金属の線を 曲げて 加工し ネコを 造形しています

床にいた 猫の視線を追うと 壁の上に もう一匹の 猫ちゃん

こちらも 金属を加工して ねこたちの 良くある風景を とらえた 作品だと思います。

金属加工に使う大型の機械


大学の 美術工房は 大きな施設に 大きくて 専門的な 機械やクレーンまで 整備さていて

作品も見て来ましたが 工具や 機械に 興味津々でした !

金属加工の展示


初めの方に 書きましたが立体アートの学部 が 随分スミの方に あるなぁと思いましたが

大きな 木材や石を削ったり 金属を切ったり曲げたり 加工するわけですから 納得です。

木彫の作品展示

学生さんは 恵まれた環境で 作品 制作できて いいですね~ !

ここから すごいアートを 制作する方が 出てくると いいですね~ !

犬と猫の迷子札のお店【ベル・シェル】

ページトップへ