カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

休日のお楽しみちょこっとアウトドア・・・・・横谷 渓谷 ハイキング


今回は 蓼科の高原にある「横谷 渓谷」にハイキングに出かけました。

蓼科高原の 通称「メルヘン街道」すぐ脇に 位置します。

横谷渓谷 案内板


事前に調べますと お手軽ハイクとありましたので

靴だけ ハイキングシューズで ちょこっと出かけてみました。


横谷渓谷の 遊歩道は 広くて 歩きやすいのですが 登りは なかなかのものでした。


こちらの渓谷は「滝」がいくつも 見られると言うことで とても楽しみです。

横谷渓谷 乙女滝


初めに 見られたのが「乙女滝」滝のすぐ 間近に近づけて 水しぶきを受け 爽快です。

「乙女滝」のよこにはマイナスイオン 20000値の 表記もありました。


次に現われたのが「霧降の滝」今日は 水量が足りないようで

霧降? ですが 水量がある時は 苔からも 水が 滴るはずです。

「霧降の滝」もマイナスイオン 20000

横谷渓谷 霧降の滝


お手軽ハイクと思っていましたが 渓谷沿いにある 遊歩道ですので

まっすぐな 上り道で こう配が キツクなり ハァハァになってきました。

それでも 森林浴を 楽しみながら登って行くと


「滝」ではなく「鷲岩」の看板があるので 探して見ると

横谷渓谷 鷲岩

画像の 右奥に 鷲の後ろ姿をした 岩があるのがわかるでしょうか?

不思議に思い 後日調べてみますと ネット上には対岸のゴツゴツした

岩の画像が 沢山アップされていますが 私は

鷲の 後ろ姿の 岩が「鷲岩」と思っています。 間違っていたら スミマセン <m(__)m>


次は「屏風岩 」マイナスイオン 3000

横谷渓谷 屏風岩

大きな岩盤を 勢いよく 流れ落ちてきます。

岩盤を 這う水の流れが 日差しに 輝いて 美しいです。


これより先は 遊歩道というより 登山道になってきました

道幅も 狭く 山肌を登って 谷を見下ろす 景色になってきました。

横谷渓谷の登山道


「王滝」展望台が 見えてきました。沢山の 観光客の方 がいらしてました。

現われたのは 横谷渓谷の 一番のポイント「王滝」 マイナスイオン 25000

横谷渓谷 王滝

とても大きく 2段に落ちる 滝は圧巻 !!です。

「王滝」を見たのは 少し離れた 展望台かでしたが

新緑の中に とても映えて 名前に恥じない とても立派な 滝でした。

「王滝」がゴールの予定でしたが 観光客の方が

「これより先にいい滝があるよ」と教えて頂いたので また出発

横谷渓谷にはキノコや苔がたくさん

横谷渓谷にはキノコや苔がたくさん


横谷渓谷は 水量も豊富で 滝がいくつもあるように 高低差があるので

全体に 苔蒸していて いたるる所にキノコが みられました。


最後に見てきたのが「おしどり隠しの滝」マイナスイオン 25000 です。

横谷渓谷 おしどり隠しの滝

何段に連なった滝で 角度にも 変化がありとても 綺麗な 滝です。


帰り道で 気が付いた 大木の 根元に お札が祀られていました。

横谷渓谷の遊歩道 大木の根元に御札が


横谷渓谷の 遊歩道の最後に出会えたのが

シーズー犬を 連れてハイキングの ご夫婦さん と

横谷渓谷で出会ったシーズー犬

崖の中腹に 付いた スズメ蜂と思われる「巣」

こんなに ハッキリ見えるところにあるの 珍しくないですか? 少し高いけど

横谷渓谷の遊歩道 崖の中腹に蜂の巣

横谷渓谷は「滝」がいくつも見られ

水量が豊富で マイナスイオンと森林浴 が楽しめるハイキングコースです。

途中の「屏風岩 」ぐらいまでは 簡単なハイクが楽しめますが

それより先の「王滝」「おしどり隠しの滝」までは

登山道に なりますので装備と気合いが必要です。 (笑)


横谷渓谷 紅葉の季節 や 凍る季節も 綺麗なようなので また訪れてみたいです。

犬と猫の迷子札のお店【ベル・シェル】

ページトップへ