カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

休日のお楽しみちょこっとアウトドア・・・・・ ハイキング & 火祭り


今回の ハイキングは富士山の絶景ポイント 東海道自然歩道にある「紅葉台」~「足和田山」

富士山絶景ハイキング

東海自然歩道は 東京都八王子市高尾の「明治の森高尾国定公園」から

大阪府箕面市箕面の「明治の森箕面国定公園」までの長さ1,697 km の 途方もない距離の自然歩道


その一部の 富士山周辺の富士山の絶景ポイントを ちょこっと歩いてきました。

お馬さんと屋外散歩に遭遇


「紅葉台」の駐車場を出発するとき 偶然大好きな "馬" に会えました。

猛暑でお馬さんもお疲れぎみ

それも あこがれの場外散歩 いつかチャレンジしたいです。猛暑で お馬さんも グッタリお疲れぎみのようです。


「紅葉台」頂上までは さほどの距離はありません 頂上にあるレストハウスからみる富士山

天気のおかげか すご~く近くに見えます 登山道や建物 が小さく見えるほどです。

三湖台のテラスから見る富士山


こちらの レストハウスの展望台が『ブラ・タモリ』の ロケ地になり タモリさんも来たそうです。

久しぶりに こんなに 大きく 美しい富士山を 眺めることができました。


「紅葉台」頂上から 東に進みますと「三湖台」という 展望台に出ます。

三湖台のテラスから見る富士


こちらも あるアウトドア番組で ロケ地使われた場所で とても綺麗に整備されています。

こちらの 展望台から西湖・本栖湖・精進湖 の 三湖が 見渡せますもちろん 富士山も!

ハイキング途中で見える西湖


天気も 良く絶景を 楽しむことができました!!

こちらまでは 車とちょっとの歩きで来る こともできますので おすすめです。


「三湖台」展望台から また東に東海道自然歩道を進み 今回目標の「五湖台」をめざします。

ここから先は なかなかの距離がありました 今年の猛暑の中で "水" をたくさん飲みました

帰りの "水" が心配になるほどです。

ちょうど 24時間テレビで「みやぞん」さんの マラソンの日 たいへんだろ~なぁ~!

ハイキング途中で見える富士と五湖


「三湖台」から「五湖台」までの東海道自然歩道では 木々の合間から 富士山と湖を 眺めることができます。

山を走るラブラドールとオーナー様と出会う


途中 お会いしたのが ラブラドールレトリバー と 一緒に走る 地元の方 "猛暑の中すごい!"

ラブラドール犬も パワフルに 飼い主様と 走れて楽しそうです!

ブラドールも暑くて木陰で休憩


「五湖台」までの 距離や時間を お聞きし 大変助かりました。


「五湖台」「足和田山」に到着 こちらには展望台の やぐらがあります。

五湖台到着から見る富士


西湖・本栖湖・精進湖・河口湖は 確認できましたが やぐらに登っても五湖見えません。

山中湖の方向を 探しても確認できませんでした。 木々に隠れてしまってるようです

せっかく五湖 の 眺めを 楽しみに歩いて来たのに ・・・・・・ とても残念!!

紅葉台からの富士の絶景

帰りに「紅葉台」の レストハウスの方に お話しすると むかしは遠くに山中湖も見えたそうです。

管理担当の所で なんとか整備されることを願います。 <m(__)m>


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


帰りに 富士山の麓の富士吉田の「吉田の火祭り」を観に行くことにしました。

毎年 8月26日 27日に行われますので 今年は日曜日の夜から 始まるので 観られるチャンスです。


日本3奇祭 日本10大火祭り にも 数えられ 富士吉田を代表するお祭りになるそうです。

山梨県の無形民俗文化財に指定されているそうです。

富士山の「鎮火祭」の名の示すとおり 富士山の噴火を鎮める祭であり お山じまいの祭りになるそうです。

火祭り直前の大たいまつ


会場に着いたのは 日が落ちかけてから すでに通り脇には 大松明の準備ができ まだ横にされています。

なんだか ワクワクしますが まずは「北口本宮冨士浅間神社」にお参り

火祭り点火前の大松明

「北口本宮冨士浅間神社」も 初めてになります 鳥居の下には 大きな松明が用意されていました。

「境内に入ると空気がちがうと聞きます」確かに こちらの 境内 神聖な 空気を感じた気がしました。

北口本宮冨士浅間神社 参道の大灯篭


参道には 大きな灯篭が 点在し 小さな灯りが 幻想的 です。

社殿 横の杉の大 木根もとの太さに驚かされます 社殿もとても大きく時代を感じるおもむきです。

北口本宮冨士浅間神社 社殿

社殿よこの大杉


こちらの「北口本宮冨士浅間神社」は 恋愛のパワースポットでも 有名で若いカップルの方も多く参拝されていました。

参道の灯篭が灯り幻想的

境内を出ると 表の国道に立てられた 松明に 白装束の方々の お祈りの中 点火されていました。

お祈りをあげ 松明に点火

富士吉田の 本通りに入ると 高さ3メートルの筍形に結い上げられた

大松明が大通りに点々と


大松明や 井桁状に組まれた 松明に火が付き幻想的です。

時間がたつと 松明の火は 燃え上がり祭りの 雰囲気も幻想的から 力強いものを感じます。

冨士吉田の火祭り

松明の 横を通るときには 熱くて観光客の方たちも「あちぃ~!」と 避けて通るほど 凄まじい炎になり ビックリです!

その大きく燃えた 大松明がお祭りのメイン通りに 何本も立ち並ぶ模様は壮観です。

祈祷を行う富士講行者


途中「御師の家」の前では 大松明の前で 加持祈祷を行う富士講行者の姿を見ることができました。

「御師の家」とはむかし富士山信仰で 全国から来た富士に登られる方たちの 宿であり接待をされるかたの家


松明の炭は 安産・子授や無病息災の 御守となるそうで はっぴ姿の若い氏子が

大松明が大通りに点々と


松明の前で 赤ちゃんを抱いた方を 囲んで お祝いをしているようで とても微笑ましい様子です。


メイン通りを外れて 脇道でも 井桁状の松明を燈しているお家があり ご主人に少しお話を伺いました。

井桁に組まれた松明


ど~して松明がある家と無い家があるのですか・・・ とお聞きすると
むかしは 多くの氏子がいて沢山の松明だったそうです。

また喪中の家は祭りにも参加しない 火も見ると良くないという 言い伝えで

喪中の家はど~したらいいのですか・・・ お祭りの期間は旅行に出かけるそうです。


こんは大きな炎を 家の近くで燃やして危なくないのですか・・・ 松明の消し炭(オキ)は

火防のおまじないになるそうで これまでに一度の火事も起こしたことはないと言われているそうです。

お祭りの会場をあとにするとき 富士山を振り返ると 山小屋などの 松明の灯りも見えてとても 幻想的で

富士山の山小屋の灯りも見えて幻想的


力強い 地域のパワー を感じる すばらしいお祭りでした。

今年の夏は まだまだ暑くて夏の終わりを感じませんが

夏の終わりを告げる お祭りに行き 少し寂しい気持ちになりました。

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

ページトップへ