カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

Belle-Ciel おすすめ ・・・・・ 犬・猫と おでかけスポット 「富士ハーネス」


ワンちゃんと遊びに出かけるスポットとは違いますが

富士山の ふもとにある 盲導犬 訓練施設「富士ハーネス」を見学してきました。

盲導犬 訓練施設「富士ハーネス」

「富士ハーネス」とは 盲導犬の 訓練施設であり

盲導犬の お仕事を 一般に紹介したり

盲導犬の 一生をトータルに ケアすることを

目的とした 国内で初めての 施設だそうです。

見学者を 常時 受け入れている 盲導犬 訓練施設としても

国内では「富士ハーネス」だけだそうです。


アクセスは

 ・ 新東名高速 = 新富士IC = 約 25 分 

 ・ 東名高速 = 富士IC = 約 30 分 

 ・ 中央道 = 河口湖IC = 約 40分


「富士ハーネス」に 向かう途中 雪化粧をし始めた「富士山」が 綺麗なので パチリ !

雪化粧をし始めた「富士山」と朝霧高原」で お馬さん

休憩した 道の駅「朝霧高原」で 大好きな お馬さんがいたので パチリ ! 

道の駅の イベントで 引き馬の 乗馬体験が 行われていました。

「朝霧高原」には お子さんや ご家族で遊べる

観光・レジャースポットが 沢山ありますので おすすめです !

「富士ハーネス」 到着 富士山が近くに 見える とてもきれいな 広大な施設です。

ゆとりのある 駐車場やエントランスも 整備が 行き届いていて

敷地内は 緑地も多く とても気持ちのいい 公園のようです。

パーキングの脇に ワンちゃんマーク

パーキングの脇に ワンちゃんマークの 看板があり 水道もあります

(こちらで排便をすませてから入館下さい)とあります。

犬連れで 来られた方には やさしい 心遣いです。

「盲導犬クイール人形」

ロビー入口には「盲導犬の里 富士ハーネス」の 看板を

持った「盲導犬クイール人形」が 迎えてくれます。

入口に「ペット同伴で入場いただけます」の 案内看板がありました。

ワンちゃんの 同伴 OK でした。

ペット同伴で入場の看板とラブラドール盲導犬の 大きな募金箱

ラブラドール盲導犬の 大きな募金箱が 設置されていました。知らなかったのですが

「盲導犬の 育成は 90%以上が 皆様からの 寄付で 成り立っている」そうです。

見学は 無料ですが 見学の際は 募金で 応援してほしい。とのことでしたので

少しですが 協力させて いただきました。


「富士ハーネス」の特徴は これから盲導犬になる ワンちゃんと

盲導犬を引退した 犬が一緒に 暮らせる 施設だそうです。

「富士ハーネス」で 生まれた子犬は 2ヶ月ハーネスで お母さん犬や 兄弟犬と

いっしょに 育てて 犬社会の 勉強をして 2ヶ月たった 子犬たちは

「パピーウォーカー」という 子犬を育ててくれる ボランティアの

ご家庭で 1頭づつ 人間と 犬との社会勉強をして 1歳から 盲導犬の 勉強が 始まるそうです。

一方、施設内には お仕事を 引退した盲導犬が 暮らす 引退犬棟という エリアがあり

リビングルームのような お部屋で 余生を 過ごすことができるそうです。

また、ボランティアの方の お家で 過ごす 引退犬もいるそうです。

「視覚障害者」の方にも 安心の作りです。

施設内は いくつかの 棟を回廊で 結ばれた 作りになっていて

回廊には 点字ブロックがついて 危険な 段差もないので「視覚障害者」の方にも 安心の作りです

回廊は 中庭とのつながりを感じて 広々した感じです。 富士山も見てます。

時間で 行われる「盲導犬デモンストレーション」が 始まっていたので 急いで トレーニング棟へ

「盲導犬デモンストレーション」とは 目の前で盲導犬の 仕事を実演して

実際に 盲導犬の仕事や 役割 訓練を行う様子を 見ることができます。

毎日(平日1回 14時~ 土日祝日の場合 2回 11時~・14時~)行われているそうです。

実際に 見学させていただいた 盲導犬の仕事は 障害物を 回避する様子

「盲導犬デモンストレーション」

・ 盲導犬の 視線よりも 高い所にある 障害物を 察知し

  盲導犬ユーザーが 当たらないように 誘導するお仕事 

・ 黄色いコーンに 従って曲がり角を 盲導犬ユーザーに 教えて 誘導するというお仕事

・ 階段状の段差を 盲導犬ユーザーに 知らせるお仕事

  盲導犬が 段差の一段目で 一旦止まって 盲導犬ユーザーに 段差があることを知らせる

  またのぼった後に 下る段差でも 一旦止まって 盲導犬ユーザーに 段差があることを知らせる

という お仕事の様子を 見学させて 頂きました。なんと お利口なんでしょう !

盲導犬の仕事

また デモンストレーターの方が PR 犬の「ナッピー」に「チェアー」と 声をかけると

盲導犬の判断で 盲導犬ユーザーに 適した危険のないと思われる 空いている椅子に

案内する という様子も 見せてもらえました。


デモンストレーターの方からの お話で

お仕事中の 盲導犬を見かけたとき 犬に対しては お仕事を妨げ無いようにしてほしので

犬には触ったり 声をかけたり 犬の気をひくようなことはしないで下さい。

盲導犬の お仕事を邪魔してしまうと 盲導犬ユーザーの方に 危険が及ぶことになってしまう

「視覚障害者」の方に 少しだけ注意をむけていただいて 私達が困っていないかどうか

そして 安全に歩けているかどうか 少しだけ確認 の お手伝いをしていただけると助かります」というお話がありました。  

私たちは どうしても ワンちゃんを 可愛いなぁ~ とか すごいなぁ~ とか 思って

犬の方に 関心がいってしまいますが 盲導犬のお仕事を理解して お仕事中は

ワンちゃんは 見守ってあげて「視覚障害者」の方が 困っていたら 助けてあげるようにしましょう !

また、盲導犬は 増やすことが 難しいという お話があり

盲導犬としての 適性は遺伝的な性格に 左右されるところが 大きく

どのワンちゃんでも 盲導犬になれるわけでないことと 

盲導犬の 不足の原因は 「募金が足りない」ことだそうで、そのためにも「富士ハーネス」に

来てもらって PR 犬を とうして「盲導犬デモンストレーション」も 見て頂き

少しでも 盲導犬のお仕事を 理解してもらって「みなさんに協力してしてもらいたい」と お話がありました。

ゴールデンレトリバーと 触れ合っている イベント


次に 見学させていただいたのは ラウンジ棟 沢山の 来場者の方が いらして

何頭もの ゴールデンレトリバーと 触れ合っている イベントが 行われていました。

ゴールデン いいなぁ~と ど~しても 思ってしまうのですが

先ほど 勉強したように「お仕事中」だといけないので そっと見学して 次に !


中庭の プロムナードは ウッドのテラスに なっていて とても気持ちのいい 空間で

盲導犬のみんなも 気持ちいいのでは 富士山も 眺めることができます。

富士山を 眺める中庭には ワンちゃんが 元気に走り回ったり 遊べる

ドックランや 芝生がキレイに 整備されていて 気持ちいい環境です。

ドックランや 芝生がキレイに 整備されていて 気持ちいい環境です。


見学ができる エリアではありませんが 制限エリアの 親子棟も中庭の

プロムナードから 見ることができました。中には 子犬がいました

将来は 訓練をかさねて 立派な盲導犬になりますように 頑張って~ !

盲導犬の子犬とPR 犬が 暮らす 訓練犬棟

その他 訓練犬やデモンストレーションしてくれた PR 犬が 暮らす 訓練犬棟

医療研究棟や シャンプー室 などを見学させていただきました。

ハーネスにも いろんな形状のタイプ


回廊には 盲導犬に関するいろいろな 展示物があり

ハーネスにも いろんな形状のタイプが あるのがわかります。

展示物には 日本最初の盲導犬に関する 展示もありました。

和製盲導犬一号の「千歳号」

はく製は 和製盲導犬一号の「千歳号」戦後の失明した 兵士の 社会復帰のために

導入されたそうです。当時使っていた ハーネスと 白杖の 展示があり

盲導犬に関する 歴史の 勉強もできます。

富士ハーネスの視覚障害者用トイレ


「富士ハーネス」は「視覚障害者」の方に やさしいつくりになっていて

回廊状の 廊下には 誘導ブロックがありますし トイレは室内の 周りを黒くして

便器や洗面台を 白くすることで 見えやすく工夫がされていました。


回廊を まわって 入口にもどると 先ほど デモンストレーションをしてくれた

デモンストレーターの方と PR 犬の「ナッピー」が 見送りに 来てくれていました。

デモンストレーターの方と PR 犬の「ナッピー」

来場者の方と ふれ合いながら 盲導犬の事業を PR することも「ナッピー」の

お仕事ということなので 最後に(なでなで)させてもらい

もう一度 募金させて頂き「富士ハーネス」を 後にすることにしました。

「富士ハーネス」は ワンちゃんとのお出かけや お子さまご家族との 社会見学 におすすめの 施設でした。


働く犬の 仕事は 他にも いろいろとありますが 盲導犬の仕事

「視覚障害者」の方の 生活を助けたり 危険から身を守っている 仕事を 勉強させていただき

あらためて 犬のすばらしさ・犬は 私たちにとって すばらしいパートナーであることを 実感しました。

「富士ハーネス」は ワンちゃんとのお出かけや お子さまご家族との 社会見学 におすすめの 施設でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  つづき  ・・・

先日「富士ハーネス」を訪ねてから 数日後に

ある駅を 利用する際 「働く犬」に 出会いました。

偶然 同じ日に会ったのですが 一頭目の黄色い マナーコートを着た ワンちゃんは

駅の広場にある ベンチに 二頭の ゴールデンレトリバー

先日 学んだように お仕事中だといけないので

離れた場所から 写真だけ 撮らせていただきました。!

ゴールデンレトリバー働く犬

ホームに 降りると グリーンの マナーコートを 着た 働く ワンちゃんがいました。

駅の ホームで 訓練中のようでした 指導員の方と

同伴で 電車の 利用方法を 学習しているようでした。

邪魔しないように 離れて 写真を 撮らせていただきました。

実際に、公共の施設で 実践的な 訓練を 重ねて 私たちを 助けてくれる

「働く犬」が 修行中の 場面に 遭遇する ことができました!

駅で訓練する 働くワンちゃん


また、ニュースで 見られた方も いらっしゃると 思いますが

アメリカの 第 41代 米大統領の「パパ・ブッシュ」が お亡くなりになり

アメリカの 国旗で 覆われた 棺に 寄り添う

介助犬・ラブラドールレトリバー「サリー」の 画像が 報道されていました。

「サリー」は、ほぼ 何でもできる 介助犬 だそうです

大統領を 助けて サポート していたのでしょう !


               画像に添えられたコメントは

               ・・・・・・・「 任務 完了 」・・・・・


犬と猫の迷子札のお店【ベル・シェル】

Belle-Ciel おすすめ ・・・・・ 犬・猫と おでかけスポット 「わんダフルネイチャーヴィレッジ」

東京サマーランドにある 「わんダフルネイチャーヴィレッジ」 のご紹介

こちらの施設は 『 愛犬と一緒にアウトドアを満喫できる 』 新しいアウトドア 複合施設という コンセプト

大好きな アウトドアという ワードが 入った コンセプト 施設なので 到着前 から わくわくです !!


・ 車での アクセスは 中央道 = 八王子 ICより = 約 10 ㎞  圏央道 = あきる野 インターより = 約 3 ㎞

わんダフルネイチャーヴィレッジロゴ看板も 「 人と犬そして木 」


「Wnderful Nature Village」の ロゴ看板も 「 人と犬そして木 」を モチーフにして カワイイです。

看板下に 「わんダフルネイチャーヴィレッジ」の MAP があります。これは なかなか 広そうです。

ドックランや ドックカフェ など ワンちゃんとの 施設のまわりに 家族で楽しめる

キャンプ場 や つりが できる湖 がありとても 楽しそうな所です !

わんダフルネイチャーヴィレッジ


こちらが 入口ゲートになります。お洒落な 感じで いいですね~ !

入園料 がかかります。 おとな( 中学生以上 )800円 こども( 小学生 )400円 犬 800円( 2頭目以降400円 )

入口のショップには お土産や 海外の 犬用グッズが 取り揃えてありました。

わんダフルネイチャーヴィレッジ 海外の 犬用グッズ


園内とても 綺麗に 整備されていて 気持ちのいい フィールドです。

屋根付きドックラン


はじめに 見ええてきたのが 「屋根付きドックラン」 とても 広いです。これだけ あれば

雨の日も 安心です。この日は お天気でしたので ここは空いています。

日陰も おおきいので 夏場の休憩にも いいかもしれませんネ !

ワンちゃんと 一緒に ちょっとした 飲食しながら休憩

ドックラン よこに シャワー施設と その奥に ワンちゃんと 一緒に ちょっとした 飲食しながら

休憩できる 「コミュニティエリア」 があり 犬連れ 家族には 助かる スペースです。


コミュニティエリア 横の 人間用 トイレには 「ドッグステーション」 という スペースがあり

トイレには 「ドッグステーション」

私たちが トイレに行く間 ワンちゃんに 待っていてもらう 所ですが

一頭一頭 仕切られていて 他のワンちゃんとのことも 気にせず ゆっくりとトイレできます。

もちろん リードフックもあります。 気のきいた スペースです !

肉球に 優しい「大谷石」 が敷いてある


園内の 通路は 「大谷石」 が敷いてあり 暑い日でも 熱くなりにくく

柔らかく 肉球に 優しい素材だそうです。 わんこに 優しいサービスです !

「 うんち BOX 」わんダフルネイチャーヴィレッジ

もちろん 各所に「 うんち BOX 」も 備えてあります。

たくさんの ワンちゃん犬種で 賑わって


この日は 日曜日 たくさんの ワンちゃん犬種で 賑わっていました。

広いのは 全犬種ドックラン


ドックランは 全犬種 ・ 中・大型犬専用 ・ 小型犬専用 それぞれの エリアに 分かれてあります。

いちばん広いのは 全犬種ドックラン ワンちゃんも 人間 もいろんな 犬種の ワンちゃんに 会えて楽しそうです。

ドックランは 全犬種 ・ 中・大型犬専用 ・ 小型犬専用

ドックラン脇 の ウッド使いの 足の洗い場と わんこが可愛い リードフック !

ドックラン脇 の ウッド使いの 足の洗い場と わんこが可愛い リードフック


カフェレストラン「 アゼキリ 」

店内は ワンちゃんと 人で いっぱいです。 今回は パスしましたが

ピザとパンケーキが 人気だそうです。 残念・・・・・

カフェレストラン「 アゼキリ 」ワンちゃんと 人で いっぱいです。

カフェレストラン「アゼキリ」には テラス席 もあり 今日のような

天気の いい日は いいですね~! プードル犬 が 顔を 見せてくれていました。

カフェレストラン「アゼキリ」には テラス席プードル犬 が 顔を 見せてくれていました。


ドックランのある 平らな フィールドから 一段 上がった所からの 眺めです。

「わんダフルネイチャーヴィレッジ」は 広くて キレイで とても気持ちの いいところです !

「わんダフルネイチャーヴィレッジ」は 広くて キレイで とても気持ちの いいところです !

とても広い「全犬種ドックラン」が 見えてます。 ワンちゃんは ここで初めての 出会いがあったり

友だちになった ワンコと 元気に 遊べて 楽しいのではないでしょうか !

ワンちゃんと 一緒に ハイキング


高台に 「 ハイキングコース 」の 看板があります。

展望台まで ワンちゃんと 一緒に ハイキング を楽しむことができます。

都会を お散歩している ワンちゃんには 自然を 体験できて 喜んでもらえるのでは

「 貸切ドックラン 」「わんダフルネイチャーヴィレッジ」


園内を 探索していると「 貸切ドックラン 」 エリアがありました。

お知り合い どうしの 犬仲間や いぬの団体さん など いろんな 使い方があるのでは ?

犬に関連する本が たくさん「 ちいさな図書館 」


入口 ゲートまで 戻ると ログハウスの「 ちいさな図書館 」

中には 犬に関連する本が たくさん揃えられており 園内は 持ち出し 可能とありました

犬好きな お子さんには 喜んでもらえるのでは 犬の勉強に 役立つのでは ないでしょうか !

ドッグプールはリゾート・ビーチ のような お洒落な プール


ドッグプールは 流石 東京サマーランド にある 犬の施設です。

リゾート・ビーチ のような お洒落な プールです。

この日は 秋口で 泳いでいる ワンちゃんは いませんでしたが シーズンには

オシャレな ワンちゃんや 飼い主様で 賑わって いるのではないでしょうか ・・・ ??


「わんダフルネイチャーヴィレッジ」 は 「 愛犬と一緒にアウトドアを 」を コンセプトに

しているだけのことは あり ワンちゃんを 連れて アウトドア や キャンプを 楽しみたい

ご家族 連れの方には ピッタリの所です ! 場所も 都心からも近く 東京のあきる野市

ワンちゃんを 連れて アウトドアを楽しめるわんダフルネイチャーヴィレッジ


オートキャンプ場に 宿泊 バーベキューを 楽しみながら

ワンちゃんは ドックランで 自由に 走ったり 遊んだり

お子さんは キッズエリア の アスレチックでも 遊べます。

また 家族みんなで ワンちゃんの 散歩をしながら ハイキングも 楽しめます !

つり好きな お父さんは 釣りも 出来てしまいます。

もちろん 日帰りで ワンちゃんとの アウトドア 外遊びにも おすすめの「わんダフルネイチャーヴィレッジ」でした !

犬と猫の迷子札のお店【ベル・シェル】

休日のお楽しみちょこっとアウトドア・・・・・大菩薩峠ハイキング


山梨県にある 日本百名山 「大菩薩嶺」 は 初心者も 楽しめる 日帰りコース

マイカーで かなり 山の上まで 行けてしまうので 手軽な ハイキングコース だそうです。


 ・ 車での アクセス 中央道 = 勝沼IC から = およそ 40分


マイカーで 県道411号を 右折し 舗装された 林道を かなり登り 上日川峠の ロッヂ長兵衛まで

到着時刻が 遅く ロッヂ長兵衛 周辺の駐車場は すでに いっぱいで 第4駐車場に 案内されました。

第4駐車場からですと ロッヂ長兵衛まで 戻る 時間が(10分)ほどかかりますので

ハイシーズンは 早朝の到着を おすすめします。

日本百名山 「大菩薩嶺」

駐車場の 脇に「大菩薩嶺」 ハイキングコースの 地図があります

まずは ロッヂ長兵衛 めざして 登り始めます。

当日は 11月始めですが 今年の夏は 長かったのですが

さすがに 山の上は 落ち葉もあり 秋のすすみを 感じます。

ロッヂ長兵衛は 人気の山の 出発地点なので 沢山の ハイカーの方で 賑わっていました。

大菩薩嶺  ロッヂ長兵衛

大菩薩嶺案内図で コースを 確認 大菩薩峠 を 先に目指すことにしました。

ロッヂ長兵衛の 横からハイキングの スタートです。

「大菩薩嶺」 ハイキングコース

緩やかな 登山道を 進むと 20分ぐらいで 「福ちゃん荘」 という 山小屋に着きました

こちらもハイカーの方で いっぱいです。早くも 休憩を取ることに

福ちゃん荘の 「なめこ汁」 を頂きました 暖かくて 美味しかったです。

こちらは 食事や 売店があり 暖かいものをいただけます

宿泊も 可能で テントを 張って 宿泊している ハイカーの方もいました。

福ちゃん荘には トイレがありますので 利用させてもらいました。

「大菩薩嶺」  「福ちゃん荘」

ハイカーのみなさんに 人気の 「福ちゃん荘」 ですが

1969年には 「連合赤軍」が ここに集結し 逮捕される 事件が あった場所であると知りました。

また、皇太子と雅子 様も こられているそうです。

福ちゃん荘 前の休憩所で 出会ったのが とっても スマートな イタリアングレーハウンド

福ちゃん荘 前の休憩所で 出会ったのが とってもスマートな イタリアングレーハウンド

ハイカーの方と 登ってきていました。人懐こくて ドアップの 可愛い お顔も パチリ!

ワンちゃん用の ダウンジャケットを着て 寒さ対策して ハイキングを 楽しむ わんちゃんです!

福ちゃん荘 前の大菩薩連峰案内図で あらためてコースを 確認

福ちゃん荘 前の大菩薩連峰案内図

大菩薩嶺山頂から 周るルートと 大菩薩峠から山頂に 周るルートを選べます。

大菩薩峠へ向かう登山道

今回は 峠から 周るルートを進みます。ここから先の 登山道には

川のせせらぎ が あったり 昔の昔の山小屋が 見えたり 変化があり 楽しい道のりでした。

川のせせらぎ が あったり 昔の昔の山小屋

途中 また休憩していると 先ほど出会った ワンちゃん連れの ハイカーに 追いつかれました

グレーハウンド犬 も 元気に ハイキングを楽しんでいるようでした。

グレーハウンド犬 も 元気に ハイキング

大菩薩峠の 「介山荘」 小屋の手 前では 登山道の 脇で 野生の 「鹿」 に会うこともできました。

大菩薩峠近くで「鹿」 と出会う

たくさんの ハイカーの方が 通るのに 逃げることなく お互いに 眺めていました。

大菩薩峠の「介山荘」まで マウンテンバイクを 押し上げる つわもの の方もいました。

大菩薩峠までマウンテンバイクを 押し上げる

聞くと 下りを マウンテンバイクで 楽しむそうです とても気持ちが 良さそうです。

大菩薩峠 快晴

やっと 大菩薩峠到着です。天気 も 良くなかなかの 眺望です。

前方に みえる大菩薩嶺山頂 目指して 尾根を 進んでいくと 左手に

大菩薩峠から大菩薩嶺山頂 目指して 尾根を

車を停めた 駐車場近くの 上日川ダム(大菩薩湖) が見えて いい眺めです。

上日川ダム(大菩薩湖)

大菩薩峠の 尾根にも ワンちゃんを 連れた ハイカーの方がいました。

大菩薩峠の 尾根にも ワンちゃんを 連れた ハイカーの方

大菩薩嶺山頂で 記念撮影をしていたので 写真を撮らせてもらいました

山頂でも ハイカーよりも 元気な プードル犬

山頂でも ハイカーよりも 元気な プードル犬でした。

大菩薩嶺は もう紅葉は終わりに 近づき 葉も 落ちていましたが

大菩薩嶺はお手軽ながら 本格的な 山の上まで 行けてしまう 気持ちのいい所でした。

ビギナーの 私でも 登れて お手軽ながら 本格的な 山の上まで 行けてしまう 気持ちのいい所でした。

ワンちゃんとの お出かけにも おすすめです!

犬と猫の迷子札のお店【ベル・シェル】

Belle-Ciel おすすめ ・・・・・ 犬・猫と おでかけスポット 「富士すばるランドドギーパーク」


今回 ご紹介の おでかけ スポットは 富士山のふもとにある 「富士すばるランドドギーパーク」 です。

お子さんが 遊べる遊園地と わんちゃんが遊べる ドッグランなどが 融合したレジャー施設 ですので

ご家族で ワンちゃんを 連れての おでかけにおすすめです。

「富士すばるランドドギーパーク」

車でのアクセスは

 ・ 中央道 = 河口湖ICより = 富士スバルライン = 富士山方面へ 約 5 分

ドッグホテル 森の小屋

ゲートを 入りすぐに 見えてきたのが ドッグホテル 森の小屋をイメージした 可愛い作りです。

一時預かりから お泊りまで 対応してくれます。トリミングサービスもありました。

ドドギーパーク案内看板

通路の 分かれ道に パーク内の案内看板が 見えてきました。

右の道を 行くと 遊園地の アトラクションがあり 左の道を行く とワンちゃんのエリアに行けるので

「林のドッグラン」

左の道へ 一つめのドッグラン 「林のドッグラン」

周りを 木に囲まれていて ワンちゃんも 森林浴ができちゃう ドッグラン

富士山周辺の 「ひのきウッドチップ」 を使用しているので 元気に走り廻る ワンちゃんにおすすめです。

わんこと「ふれあいハウス」

「ふれあいハウス」 が見えてきました。

「ふれあいハウス」 には パーク内で 飼われている ワンちゃんが 来場者を 待ってくれています。

ハウスの中に 何頭かワンちゃんがいて 触れ合うことができます。

触ったり 撫でたり できるので お子さんに 人気のサービスです。

ワンちゃんがいて 触れ合うことができます。

おとなしい ワンちゃんばかりですので 小さなお子さんでも 安心です。

いろいろな 犬種のワンちゃんが いますので 今からワンちゃんを 飼う 予定がある

ご家族では こちらで 体験してみるのも いいのではないでしょうか。

この日は ハウス内に 暖房がきいていて 暖かく ワンちゃんは トロ~ンとしていて

カップルの方々は ワンちゃんを 見ながら 癒されているようでした。

ワンちゃんを 見ながら 癒されているようでした

ハウスの 出入り口には 手洗い場が 完備されていて 家族連れには 安心です。

ドッグラン広場 その先に メリーゴーランド

ドッグランは 5個の広場 があり ドッグラン広場 3に来ました。

その先に メリーゴーランドが見えます アトラクションを見にいってみます。

森の中の遊園地 森林鉄道トロッコなど アトラクション ある所まで

森の中の遊園地 森林鉄道 や トロッコ

犬連れで 行けるので お子さんが 飽きてしまった時 などに アトラクションに

乗せてあげる こともでき 犬を連れの ご家族には 助かります。

レンタル犬(ドギッコ)

また こちらの施設には 犬好きなんだけど まだ犬は飼えていない これから飼う 予定があるという

犬好きの ご家族 や カップル の方に レンタル犬という 一押しのサービス があります。

 ・ お子さんに犬がほしいと言われるが事情で飼えないとか
 ・ お子さんに犬の散歩をさせてあげたい
 ・ これから犬を飼おうと思うのでお子さんに犬のお世話を体験させたいとか

お散歩は ダブルリードでお子さんでも安心

今は イヌを飼っていないけど わんちゃんと 触れ合いたいと 思う方におすすめです。

ドギーパークにいる ワンちゃんのレンタル犬(ドギッコ)は とても 良く 訓練されていて

非常に おとなしく 誰にでも 懐いてくれる お利口さんなので お子さんでも 安心して

ワンちゃんと 触れ合ったり お散歩をしながら パーク内で 楽しむことができます。

お散歩は ダブルリードが できますので 一本は 親御さん もう 一本をお子さんが

リードを持てますので 小さなお子さんとでも 安心して ワンちゃんと おサンポができます。

ワンちゃんと 触れ合ったり お散歩をしながら パーク内で 楽しむことができます

「富士すばるランドドギーパーク」 の特徴は 富士の 大自然の中にあり

ワンちゃんと 触れ合えるエリアと お子さんが遊べる アトラクション とが コラボしたレジャーパークでした。

森の中のメリーゴーランド

犬を連れての ご家族での お出掛けや

犬は飼っていないけど 子供に 犬と おサンポや遊ばせてあげたい と思っている ご家族におすすめです!

犬と猫の迷子札のお店【ベル・シェル】

休日のお楽しみちょこっとアウトドア・・・・・女子美術大学・学園祭を見学


今回の休日のお出掛けは、神奈川県の女子美術大学の学園祭に出かけました。

途中、中央道のSA談合坂によると、ドクターヘリが降りていました。

中央道のSA談合坂 ドクターヘリ

何か、病人かケガ人のようです。 ヘリポートのよこに ドックランがあり見学

広い緑地に「Pet ほっとエリア」として 長距離ドライブの

ペットの 休憩場所として 広いエリアが 用意してありました。

中央道のSA談合坂ドックラン

中・大型犬 エリアと 小型犬 エリアに分かれた ドックランを 完備

雨の日にも ワンちゃんが 自由に動ける 部屋や シャワーの 用意もありました。

ドックラン の他にも リードをつけて わんちゃんの車での移動の

ストレスが とれるように 広い緑地を サンポできます。

中央道のSA談合坂ドックラン

ワンちゃんを 連れての 長距離ドライブには 大変 助かります !

SA を出発して 高速を走ると 下り線で 事故が起きていました

先ほどの ドクターヘリは この事故の ケガ人のため

談合坂SA に待機していたようです。 事故には 気をつけねば !

女子美術大学・学園祭を見学


女子美術大学・学園祭の見学

こちらの 大学の「立体アート」という 学部の作品を 見にきました。

大学の「立体アート」

美大の絵を描く課ではなく 立体的な美術とは どういうものか ?

学園祭 ということで 出店や ステージではショーもあり

沢山の方々で 盛り上がっていました。

学園祭 出店や ステージではショー

学園内には 作品を制作している方や 至る所に作品があり おもしろいです。

学園内には 作品を制作している方


いよいよ「立体アート」のエリアに 学園内では ずいぶん奥の方です。

「立体アート」のエリアに

その意味も 後から良く解りました。

最初に 迎えてくれたのは「青い犬」でした。

木彫の「青い犬」

窓ガラスに 足をついて 良くある 犬の仕草を とらえています

太い 丸太から彫り出して いるそうですが

良く ワンちゃんの造形を とらえています。 なぜ 青いのか わかりません。

猫ちゃんの 作品もありました。ネコと毛糸玉 という モチーフですが

木彫のネコと毛糸玉

こちらの 作品も一つの 木の材料から 彫り出した 立体的な作品だと 思います。

ねこの 細部 や毛 糸の質感 一つの木の塊りからの 仕上がりは すばらしいです。

大変な 時間がかかったのでは ないでしょうか?

ご紹介しているのは「立体アート」でも 木を使って作品を

制作する 生徒さんの ブースをみています。

こちらは 木で制作された 大きく自立した " # "

木彫の

木で造られたとは 思えぬ 質感です まるでプラスチックのようです

仕上げが 綺麗な作品です。 美術作品ですが # と一緒に 写真を 撮り

自分を 発信する 機会に 使ってほしいそうです !

カブを 彫り出している 作品 元の木の材料は 下に見える 角材だと思います。

木彫の カブ

元の木の 材料から あの大きさの丸みのある カブを 彫り出すのは 難しいのではないでしょうか?

作品のほかに 作業をする部屋 や 道具の ノコや ノミも 見ることができました。

木彫のノコや ノミ

沢山の道具や 機械が揃えられていて 美術大学となると 凄いものだなぁ~と 思いました。


木の彫刻作品のなかでも 大きな木の塊り 「心臓」 を モチーフに

木彫の「心臓」

丸太から 削り出している作品 表面に血管も 削り出して 表現してあり

なぜか「カメレオンのシッポ」と コラボした 大作が 迫力でした!

木彫の 制作部屋の外には 大きな丸太が ゴロゴロ

こういう 丸太から作品が 作られているということですね !

木彫の材料丸太


木彫の展示の後は ガレージのような建物に見学に

ガレージのような立体アートの工房

石を使った 立体アートの会場に たいへん面白い作品

いろいろな種類 の 石を 削り出し磨いた お寿司一人前 !

石を 削り出し磨いた お寿司一人前 !

石の作品 力強い作品もありました 削り出すの 大変だろうなぁ~ !

石の力強い作品

となりは 金属を使って 立体アートを 制作する 作品がありました。

猫ちゃん いました~!

金属の線を 曲げて 加工し ネコを 造形

金属の線を 曲げて 加工し ネコを 造形しています

床にいた 猫の視線を追うと 壁の上に もう一匹の 猫ちゃん

こちらも 金属を加工して ねこたちの 良くある風景を とらえた 作品だと思います。

金属加工に使う大型の機械


大学の 美術工房は 大きな施設に 大きくて 専門的な 機械やクレーンまで 整備さていて

作品も見て来ましたが 工具や 機械に 興味津々でした !

金属加工の展示


初めの方に 書きましたが立体アートの学部 が 随分スミの方に あるなぁと思いましたが

大きな 木材や石を削ったり 金属を切ったり曲げたり 加工するわけですから 納得です。

木彫の作品展示

学生さんは 恵まれた環境で 作品 制作できて いいですね~ !

ここから すごいアートを 制作する方が 出てくると いいですね~ !

犬と猫の迷子札のお店【ベル・シェル】

Belle-Ciel おすすめ ・・・・・ 犬・猫と おでかけスポット「ペットリゾート清里」


八ヶ岳高原の メルヘンチックな町 清里高原の 駅前にある

ペットホテル「ペットリゾート清里」の ご紹介


アクセスは

◆ お車では 中央自動車道--須玉I.C.(長坂I.C.)-- 国道141号 --清里 ( 約20分 )

◆ 電車では 中央本線 --小淵沢-- 小海線 --清里駅 ( 駅から2分 )


「ペットリゾート清里」は 清里駅から 徒歩2分という とても便利な 場所にあります。

犬や猫ちゃんたちの ペットを 預かって頂ける お店です。

ペットホテル「ペットリゾート清里」


八ヶ岳方面に 出かけて 観光やスポーツなどの あいだ 預かってほしい時 などに便利です。

もちろん 宿泊での お預かりも ありますので 安心です。

清里らしい カフェ風のペットリゾート清里


清里らしい カフェ風で ウッドデッキもあり カワイイ感じの 建物です。

ペットの お預かりの「ペットホテル」は 一時預かりの 一時間 ~ 長期 の お預かりまで 対応してくれます。

また 犬や猫だけではなく 小動物 なら 預かり OK だそうです !

お部屋も コテージ風で カワイイ感じの 建物です。

コテージ風で カワイイ感じのペットリゾート清里 部屋

♥ ♥ ♥ 預けてる間に トリミングも お願いできます。 ♥ ♥ ♥


カワイイ店内には かわいい ペットグッズ や ペット用品 が 沢山ならんでいました !

カフェ・コーナーでは わんこ同伴OK おしゃれなテラスで "お茶" できます !

かわいい ペットグッズ や ペット用品 ペットリゾート清里


フェンスが カラフルで とても かわいい ドッグラン

ウッドチップが 敷き詰められていて 気持ち良さそうです !

ペットリゾート清里 かわいい ドッグラン

ドッグラン よこに セルフシャワーが 設けてあるのですが

こちらも 可愛いデザインで 使い心地良さそうです !

セルフシャワー 可愛いデザインで 使い心地良さそうです


ペットホテル「ペットリゾート清里」は かわいい街 "清里" らしい

ペットのための 可愛い 施設でした !

犬と猫の迷子札のお店【ベル・シェル】

Belle-Ciel おすすめ ・・・・犬・猫と おでかけスポット「八ヶ岳わんわんパラダイス」


八ヶ岳の 森の中にある 「八ヶ岳わんわんパラダイス」の ご紹介

ワンちゃんと 一緒に 一戸建ての コテージに泊ることのできる 施設です。

「八ヶ岳わんわんパラダイス」看板


アクセスは

◆ 中央自動車道「小淵沢」I.C.から約10分 とても わかりやすい場所に位置します。

◆ 電車の場合はJR中央本線「小淵沢」駅から「わんわんパラダイス」の 車が予約で 送迎 対応してくれるそうです。

「八ヶ岳わんわんパラダイス」では送迎サービスも


森の中の「八ヶ岳わんわんパラダイス」は リニュアルオープンして 新しく 綺麗に 生まれ 変わっていました。

「わんわんパラダイス」リニュアルオープン

近代的な エントランスが 自然の中で 目立っていました。

ポーチは 広々して ワンちゃんを連 れでも 楽々そうです。

近代的な エントランスの「わんわんパラダイス」

玄関を 入ると カワイイ 白黒の ダルメシアンの オブジェが 迎えてくれました!

ダルメシアンの オブジェが 迎えてくれました!


シンプルな 白を基調にした ロビーも 広くて

八ヶ岳わんわんパラダイス」のロビーは広々

大型犬を 連れた 飼い主様や 多頭飼いの 飼い主様でも 楽々の 広さです。

宿泊は 一戸建ての コテージタイプの お部屋ですので 周りを 気にせず ワンちゃんと ご家族で

八ヶ岳わんわんパラダイス」コテージで宿泊

楽しい時間を 過ごすことができます。また コテージには いろんなタイプがあり

プライベートのドッグラン 付きの プレミアムな お部屋もありました。 いいですね~!


屋外の ドッグランは 二つに分かれて 広いスペースが 用意されています。

一つは アジリティが 用意された 運動場のような 広い ランと

「八ヶ岳わんわんパラダイス」ドックラン

森の中の 木が沢山の 場所にあり ここは ワンちゃん 喜ぶのでは ないでしょうか?

ドッグラン 脇には シャワーと うんちの ダストBOX も 設置されています。

「八ヶ岳わんわんパラダイス」シャワーと うんちの ダストBOX も 設置


リニュアルした ロビーの奥に 本格的な ランチとディナーが 楽しめる レストランがあります。

ワンちゃん同伴 OKな本格的なレストラン

もちろん ワンちゃん同伴 OK で ワンちゃん用の メニューもありました !

テラスもあるので 自然の中で ワンちゃんと 本格的な 食事も 楽しめます!

「八ヶ岳わんわんパラダイス」ワンちゃん用の メニュー

「八ヶ岳わんわんパラダイス」にも ワンちゃん用の プール施設がありました。

「八ヶ岳わんわんパラダイス」犬が泳げる

大きな 水槽タイプの プールで インストラクターの方が ワンちゃんと 一緒に プールに入り

近くで ワンちゃんを 見てくれるので 小さな ワンちゃんでも 安心です。

犬が泳げるプール

プールは 側面が透明なので 飼い主様は 愛犬の泳ぐ 姿がみられて 楽しいはずです!

この日も かわいい チワワ犬 が インストラクターと 泳いでいました。

犬が泳げるプール「八ヶ岳わんわんパラダイス」

飼い主様の前で 小さな足を バタバタさせ カワイイ 「犬かき」を 披露 していました!


また プールの横に ワンちゃんと「旅の思い出」を プリクラで 撮ることもできます。

愛犬とプリクラが撮れる

「八ヶ岳わんわんパラダイス」は 犬を連れての 宿泊は もちろん

日帰りでも ワンちゃんの 運動 や 食事を 一緒に 楽しめる

わんこ 連れの お出掛けには おすすめの 森の中 いいね!の 施設でした。

犬と猫の迷子札のお店【ベル・シェル】

Belle-Ciel おすすめ ・・・・・ 犬・猫と おでかけスポット リゾート施設 「Woof」


富士の麓 山中湖にある ワンちゃんのための リゾート施設 「Woof」 のご紹介

愛犬と 一緒に泊ることのできる 本格的 リゾートホテルです。

犬のリゾートホテル 「Woof」


アクセスは

◆ 中央自動車道 大月JCT⇒東富士五湖道路⇒山中湖IC:約10分

◆ 東名高速道路 御殿場IC:約30分

山中湖の 湖 畔から 少し上った 静かな場所にあります。

犬のリゾートホテル 「Woof」

犬のためのリゾートホテル 山中湖

「Woof」 とは 皆さんもご存じ 犬の鳴き声 "ワン" シンプルで わかりやすい ネーミングです。

施設入口には おしゃれな リゾート施設らしい 看板が迎えてくれます。

犬のリゾートホテル 「Woof」ポーチ

建物は まさにリゾートホテル とても立派なポーチがあり 天気が良ければ 富士山も迎えてくれます。

ロビーも 豪華な吹き抜けになっていて 広いのですが 人気の施設で ワンちゃんとオーナー様で いっぱいです。

犬のリゾートホテル 「Woof」ロビー

ロビーの となりに セルフサービスの カフェ・コーナー「シアンショウ」

テラスも 併設で 室内席も わんこ同伴 OK! わんこ メニューの パンケーキ・かき氷 などもありました。

テイクアウトも 可能で こちらも大人気で 満席状態でした。

犬のリゾートホテル 「Woof」カフェ

ドッグリゾート「Woof」には 二つの大きな 特徴がありました。

一つはドッグランの広さと多さ もう一つは 犬用の大きなプールがあることです。

犬のリゾートホテル 「Woof」ドッグラン

犬のリゾートホテル 「Woof」ドッグラン


ドッグランは 全部で 10 区画 富士山が見える 広大なエリアに

大型犬用・小型犬用の 芝生のエリアが 区分けされ

愛犬に 適したエリアで 遊ばせることができます。 アジリティが用意された 芝生エリアもありました。

「Woof」ドッグラン・アジリティ


ドッグラン わきには あちこちに 水飲み場と 足を洗えるシャワーを 完備

「Woof」ドッグラン水飲み場とシャワー

オーナー様には とてもやさしいサービス ワンちゃんの うんちポストも 助かります。

犬のリゾートホテル 「Woof」うんちポスト


1 区画は 体育館のような大きな室内の ドッグランがあり 雨天でも ワンちゃんを遊ばせてあげれます。

この日は 室内エリアでは 団体貸し切りで "ジャックラッセルテリア" の集まりが 行われていました!

「Woof」室内ドッグラン


もう一つの 特徴の 犬用プールは 本格的な 25mプールで 屋根はドーム型で スライドオープン

温水ですので 年間での利用が 可能です。

犬のリゾートホテル 「Woof」大型プール

この日は "ゴールデンレトリバー"が 優雅に 泳いでいました オーナーの方が プールサイドから

ボールを プールに投げてあげると ゴールデンは喜んで 飛び込んでいました。

「Woof」プールで泳ぐゴールデンレトリバー


プール前室には 泳ぎが不安な ワンちゃん用に ライフジャケットの 用意もありました。

「Woof」プール 犬用のライフジャケット

また 深いプールは 不安な ワンちゃん・オーナー様には 屋外に 小型のプールもあり こちらも温水です。

犬のリゾートホテル 「Woof」 屋外に 小型のプール


プールで 遊んだあとは ドライヤー完備の トリミング台で ワンちゃんの体を 乾かしてあげることもできます。

「Woof」プール ドライヤー完備の トリミング台


プールのわきに 不思議な BOX があったので調べてみると「ウォータートレッドミル」という 器具で

プールとウォーキングマシーンを 2つ組み合わせた 犬用の水中歩行器で

水圧と浮力で 足腰にかかる 負担を減らし無理なく 体を動かすことができ

シニアワンコやメタボワンコの 関節に負担を掛けないで 運動できるフィットネス・ マシーンだそうです。


ワンちゃんのための 施設が充実した 水遊びが 大好きな 犬にはたまらない リゾートプールでした。

犬のリゾートホテル 「Woof」館内 同伴 OK


ドッグリゾート「Woof」 館内・食事も ワンちゃん 同伴 OK で移動も一緒

いたる所に わんこをつなぐフックもあるので オーナー様も安心 ! 日帰りでの利用も OK で

ワンちゃんと飼い主様のための サービスが充実した リゾート施設でした。

犬のリゾートホテル 「Woof」ジャックラッセルテリア

帰りに お会いした "ジャックラッセルテリア" の オーナー様に

「うちのジャックは やんちゃ坊主で たいへんですが ・・・ いかがですか?」 と ・・・

お答は 「ジャックは 皆 やんちゃです ョ」  (笑)  でした !

犬と猫の迷子札のお店【ベル・シェル】


Belle-Ciel おすすめ ・・・・・ 犬・猫と おでかけスポット「八ヶ岳リゾートアウトレット」


今回 ご紹介したい ワンちゃんとのお出かけスポットは

前回 ご紹介した八ヶ岳の「八ヶ岳自然文化園」近くでお帰りにも寄れる

美しい自然の中で ショッピングが楽しる 「八ヶ岳リゾートアウトレット」

八ヶ岳リゾートアウトレット

【車】中央自動車道 小淵沢 ICから 約 5分ぐらいの所です。

八ヶ岳リゾートアウトレット 案内板


愛犬と いっしょに入店できる お店が多く

施設内を ワンちゃんと一緒に 散策気分で ショッピングが 楽しめます。

ワンちゃんとショッピング 八ヶ岳リゾートアウトレット


無料で使える ドッグラン「森の中のワンワンひろば」 もあります。

大型犬用ドッグラン 八ヶ岳リゾートアウトレット

大型犬と 小型犬とで 別れていますので 安心してショッピングの合間に

ワンちゃんを 遊ばせてあげることができます。

小型犬用ドッグラン 八ヶ岳リゾートアウトレット


大型犬の "バーニーズマウンテンドッグ" もウインドショッピング ?

リゾートのアウトレットに 良くお似合いです!

犬と一緒にショッピング 八ヶ岳リゾートアウトレット


「八ヶ岳リゾートアウトレット」にも ペットショップありました !

八ヶ岳リゾートアウトレットのペットショップ

ペットショップの となりの「AVIREX アヴィレックス」を のぞいてみると

かっこいい アヴィレックスの バックプリントの入った 犬用の " MA-1 " タイプの 服がありました。

わんこの服 アヴィレックス 

店員さんに 撮影してもいいか お聞きすると親切に

「こちらの商品は他にホワイト・ブラック カラーと 親と子ども・わんこ と お揃いコーデできます」

と説明してくれました。  いいね!  


帰りによった "カフェ" に おしゃれで かわいい犬の ミニュチワグッズもありました。

犬グッズ 八ヶ岳リゾートアウトレット


こちらの「八ヶ岳リゾートアウトレット」は高原の観光地近くにあり

ショッピング や 食事やお茶の時に

屋根付きテラス や テーブルにドックキーパー・ワンコに お水のサービスもある お店もあります。

犬連れに サービスが たくさんある 犬にやさしい 森の中のアウトレットです。

犬と猫の迷子札のお店【ベル・シェル】

休日のお楽しみちょこっとアウトドア・・・・・横谷 渓谷 ハイキング


今回は 蓼科の高原にある「横谷 渓谷」にハイキングに出かけました。

蓼科高原の 通称「メルヘン街道」すぐ脇に 位置します。

横谷渓谷 案内板


事前に調べますと お手軽ハイクとありましたので

靴だけ ハイキングシューズで ちょこっと出かけてみました。


横谷渓谷の 遊歩道は 広くて 歩きやすいのですが 登りは なかなかのものでした。


こちらの渓谷は「滝」がいくつも 見られると言うことで とても楽しみです。

横谷渓谷 乙女滝


初めに 見られたのが「乙女滝」滝のすぐ 間近に近づけて 水しぶきを受け 爽快です。

「乙女滝」のよこにはマイナスイオン 20000値の 表記もありました。


次に現われたのが「霧降の滝」今日は 水量が足りないようで

霧降? ですが 水量がある時は 苔からも 水が 滴るはずです。

「霧降の滝」もマイナスイオン 20000

横谷渓谷 霧降の滝


お手軽ハイクと思っていましたが 渓谷沿いにある 遊歩道ですので

まっすぐな 上り道で こう配が キツクなり ハァハァになってきました。

それでも 森林浴を 楽しみながら登って行くと


「滝」ではなく「鷲岩」の看板があるので 探して見ると

横谷渓谷 鷲岩

画像の 右奥に 鷲の後ろ姿をした 岩があるのがわかるでしょうか?

不思議に思い 後日調べてみますと ネット上には対岸のゴツゴツした

岩の画像が 沢山アップされていますが 私は

鷲の 後ろ姿の 岩が「鷲岩」と思っています。 間違っていたら スミマセン <m(__)m>


次は「屏風岩 」マイナスイオン 3000

横谷渓谷 屏風岩

大きな岩盤を 勢いよく 流れ落ちてきます。

岩盤を 這う水の流れが 日差しに 輝いて 美しいです。


これより先は 遊歩道というより 登山道になってきました

道幅も 狭く 山肌を登って 谷を見下ろす 景色になってきました。

横谷渓谷の登山道


「王滝」展望台が 見えてきました。沢山の 観光客の方 がいらしてました。

現われたのは 横谷渓谷の 一番のポイント「王滝」 マイナスイオン 25000

横谷渓谷 王滝

とても大きく 2段に落ちる 滝は圧巻 !!です。

「王滝」を見たのは 少し離れた 展望台かでしたが

新緑の中に とても映えて 名前に恥じない とても立派な 滝でした。

「王滝」がゴールの予定でしたが 観光客の方が

「これより先にいい滝があるよ」と教えて頂いたので また出発

横谷渓谷にはキノコや苔がたくさん

横谷渓谷にはキノコや苔がたくさん


横谷渓谷は 水量も豊富で 滝がいくつもあるように 高低差があるので

全体に 苔蒸していて いたるる所にキノコが みられました。


最後に見てきたのが「おしどり隠しの滝」マイナスイオン 25000 です。

横谷渓谷 おしどり隠しの滝

何段に連なった滝で 角度にも 変化がありとても 綺麗な 滝です。


帰り道で 気が付いた 大木の 根元に お札が祀られていました。

横谷渓谷の遊歩道 大木の根元に御札が


横谷渓谷の 遊歩道の最後に出会えたのが

シーズー犬を 連れてハイキングの ご夫婦さん と

横谷渓谷で出会ったシーズー犬

崖の中腹に 付いた スズメ蜂と思われる「巣」

こんなに ハッキリ見えるところにあるの 珍しくないですか? 少し高いけど

横谷渓谷の遊歩道 崖の中腹に蜂の巣

横谷渓谷は「滝」がいくつも見られ

水量が豊富で マイナスイオンと森林浴 が楽しめるハイキングコースです。

途中の「屏風岩 」ぐらいまでは 簡単なハイクが楽しめますが

それより先の「王滝」「おしどり隠しの滝」までは

登山道に なりますので装備と気合いが必要です。 (笑)


横谷渓谷 紅葉の季節 や 凍る季節も 綺麗なようなので また訪れてみたいです。

犬と猫の迷子札のお店【ベル・シェル】

Belle-Ciel おすすめ ・・・・・ 犬・猫と遊べるお出かけスポット 「八ヶ岳自然文化園」


今回ご紹介したい ワンちゃんと遊べるお出かけスポットは

長野県の 八ヶ岳の麓にある 原村の 「八ヶ岳自然文化園」です。

「八ヶ岳自然文化園」


蓼科と清里の あいだぐらいにあり 原村はペンションがたくさんあり

ワンちゃんと 一緒に泊まれる ペンションもありますので

ペンションに 宿泊してのご利用もおすすめです。

原村のペンション ビレッジの いっかくにあるのが「八ヶ岳自然文化園」になります。

長野県の八ヶ岳の麓にある原村にある「八ヶ岳自然文化園」


車では

・ 中央自動車道(諏訪南I.C. )→ 8.5km(15分)
・ 中央自動車道(小淵沢I.C. )→ 15km(20分)

「八ヶ岳自然文化園」からは 八ヶ岳や 蓼科山、車山、北アルプスといった 山々を望められる

高原にある とても良い環境にある レジャー施設です。

「八ヶ岳自然文化園」案内図


園内には パターゴルフ場・フィールドアスレチック・ストライダーエンジョイパーク

プラネタリウムなどがあり お子さん連れのご家族の方もいらしています。

また公園内に特殊な夏場のスキー場「グレステンサマースキー場」スキーヤーの夏季トレーニング場もありました。

園内は ペットを連れての入園も許可されていますが 以下の注意事項があります。

「八ヶ岳自然文化園」芝生公園ルール


・ 他の来園者や犬同士のトラブル防止のため、必ずリードをご使用
・ 伸縮リード・ロングリードは禁止
・ 糞尿の始末は飼い主にとって、他の利用者に対する最低限のマナーです。お持ち帰り
・ 公園の芝生内は小さなお子様が遊ぶ上での衛生上の理由等から、糞やオシッコは禁止


園内には とても大きな芝生の広場がありますので 上記を守って ご家族わんこ連れでピクニックが楽しめます。

「八ヶ岳自然文化園」芝生公園

芝生の 広場を取り巻くように アスレチックやパターゴルフ場などの 施設がありますので お子様にも安心です。

芝生の 広場近くでは ボールや自転車・遊び用具のレンタルがありますので 芝生広場で一日遊ぶことができます。

「八ヶ岳自然文化園」芝生公園案内


この日も ワンちゃんを連れた ご家族が広場で遊んでいました それを待っているワンちゃんがお利口で

おとなしく 家族を見守っているのか「遊んでほしいよ~」と思っているのか??

公園で遊ぶ家族を待つお利口なワンちゃん

園内はとても広いのですが 良く整備されとてもきれいな公園です。高低差もほどよくあり

犬の運動には 気持ちのいい お散歩コースもあります。


ワンちゃん専用の フィールドもあります。

八ヶ岳ドッグラン 「わんこのお庭」です。

ドッグラン

八ヶ岳ドッグラン 「わんこのお庭」


こちらの ドッグラン は有料になりますがとても広々したスペースで

とても良く整備された 芝生がきれいなドッグラン です。

ドッグラン料金表

ドッグラン案内


ドッグラン内は 慣らし・待避用スペースと ワンちゃんが 走り廻れる広いスペースに分かれています。

広いスペースには ほどよい高低差があり白樺などの木が点々とし

大型犬の みんなも十分な 運動と遊べる スペースになっています。

ドッグラン内のベンチ


ワンちゃんたちが 遊んでいるあいだ 飼い主様用にベンチの用意もあるので安心!

また 犬用の障害物やトンネルの用意もあるので 競技の訓練や遊びにも利用できます。

ドッグラン内の犬用の障害物やトンネル


この日は もう夕方でドッグランをご利用の方は まばらでしたが

アイリッシュセッター ラブラドールレトリバー のオーナー様 がいらしてました。

飼い主様は それぞれにベンチで休憩 ワンちゃんたちは 広い芝生の広場を楽しんでいました。

とてもお利口さんなアイリッシュセッター


アイリッシュセッター犬は 近寄って来てくれたので 口笛を吹いてみたのですが

まったく興味なし (笑) 良くしつけされている お利口さんでした。


後から来た 小さなミニチュア・シュナウザーにも 大きなアイリッシュセッター犬は

優しくあいさつしているようでした。

ミニチュア・シュナウザーとアイリッシュセッターのご挨拶

冬場には 雪の中を ワンちゃんが走り回れるドッグランになるそうです。


こちらの公園は ワンちゃんを お飼いのご家族・特に 小さなお子さんもいる ご家庭におすすめの施設です。

ワンちゃんと一緒に お出かけし自然の中で ピクニック気分で一日楽しめます。


お子さんは アスレチックやレンタサイクルなどを使い 公園で走り回ったり

プラネタリウムには NASA のアポロ計画の展示もありますので 星や宇宙の お勉強もできます。

プラネタリウム入り口の月旅行展示物


ワンちゃんは 芝生の広いドッグランを 走り回ったり きれいな公園を散歩したり

ご家族ご一緒に パターゴルフを楽しんだり また自然の中をハイクしたりと

一日では回りきれないほど施設が充実した高原のおすすめしたい公園です。

犬と猫の迷子札のお店【ベル・シェル】

休日のお楽しみちょこっとアウトドア・・・・・ 高原でのバイク・イベント


今回の お出掛けは大好きな アウトドア・アイテムの一つ オートバイのイベントに出かけて来ました。

サンメドウズ  清里スキー場

場所は 山梨県の清里のサンメドウズ 清里スキー場 夏場はリフトを使って

夏場はリフトを使って 高原植物の散策や展望を楽しめる施設

高原植物の散策や展望を楽しめる施設になっています。

スキー場の 広大な駐車場を使っての バイク・イベントです。

トライアンフ・モーターサイクル 主催のイベント

私の お出掛けの 相棒でもある トライアンフ・モーターサイクル 主催のイベントということで出かけてみました。

天気は あいにくの 雨~くもり ときどき が 顔出す程度です。

あいにくの 天候にもかかわらず 沢山のライダーの方がいらしていました。

サンメドウズ  清里スキー場に集まった沢山のライダー

入場には 第6回大会の 記念のリストバンドと アンケートに答えて 記念のステッカーをいただきました。

会場には 沢山のブースが 出店していて バイク好きな私たちを楽しませてくれます。

バイク・イベントに沢山のブースが 出店していてます。


各ブースには 近年災害が多く起こったこともあり 義援金を集めるイベントが多く 私も義援金をして

トライアンフ・ロゴ入りの フリスビー

フリスビーのストラックアウトに 参加し記念にトライアンフ・ロゴ入りの フリスビーを頂き ニンマリ (^u^)


会場中央には トライアンフ・オートバイの 現行モデルの 展示があり 最新モデルに触れることができ

トライアンフ・ファンとしては たいへん嬉しいサービスです。

トライアンフ・オートバイの最新モデルの展示


バイクを 使ったイベントもいくつか 行われていました。

一つは バイクでの一本橋走行の タイムトライアル

バイクでの一本橋走行の タイムトライアル

バイクの 免許をお持ちの方は 教習所で経験があるはずです。

こちらでは 距離は短いのですが 使われたバイクの ライディングポジションが 特殊なタイプで

参加された方は 普段乗りなれない タイプのバイクに苦戦されていました。

トライアンフ・バイクの試乗会


もう一つは トライアンフ・バイクの試乗会 場外の 2kmコースを 試乗できることもあって 沢山の方が参加されていました。


私が 楽しみにしてきたのが プロライダーによる デモンストレーション スキー場のパーキングを使っての

プロライダーによるアクロバティックな デモンストレーション

アクロバティックな ライディングを見せてくれました バイクを楽しむ者として

やろうとも思いませんが ど~してこんな乗り方ができるの? と 観客のみなさんが拍手と歓声で盛り上がりました。


この会場では さすがにないだろうと思っていたのですが  ワンちゃんに出会うことができました。

カッコイイバイクと可愛いトイプードル

バイク好きなオーナー様 と 来場していた 可愛いトイプードル

大好きな 「バイクとワンちゃん」 の カッコイイ写真を 撮ることができました。

バイクで 好きな自然の中などに よく出かけるのですが バイクのイベントに 参加したのは初めてですが

天候にも関わらず バイク好きな方々と 楽しい時間をすごしました!

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

休日のお楽しみちょこっとアウトドア・・・・・ クレマチスの丘

ヴァンジ彫刻庭園美術館 壁掛のオブジェ

休日の天候が 台風の影響か あやしいので 今回は 静岡県の「クレマチスの丘」に出かけました。

こちらは 美しい庭園美術を 楽しめる施設ということです。

アクセスは 高速を下りてから10分程度で わかりやすく到着さっそく 緑とオブジェがお迎えです。

クレマチスの丘


クレマチスの丘は 想像以上に 広大な施設で 案内図をみて予定の時間では難しそうです。

クレマチスの丘案内図


美術館に 向かうと 離れたところからも 誰の作品かわかる花が咲いていました。

草間彌生さんの 彫刻作品「明日咲く花」

草間彌生さん「明日咲く花」


草間彌生さんの作品は 個性的で世界でも 誰の作品かわかる アートを発表し続けているところが すごいですよね~!

私も 少しデザインを考える者として憧れます。

ヴァンジ彫刻庭園美術館を見学 入口わきのタイルの壁画

ヴァンジ彫刻庭園美術館を入口のタイルの壁画


イタリアの 現代具象彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジの 世界で唯一の個人美術館になるそうです。

緑あふれる庭園に オブジェが点在しています。

クレマチスの丘緑あふれる庭園に オブジェが点在


人間を モチーフにした 彫刻作品が多く なかにはとてもユニークな作品もありました。

人間を モチーフにした ユニークな作品

人間を モチーフにした ユニークな彫刻

人間を モチーフにした ユニークな彫刻


庭園には 緑の小さな丘にアベックベンチが置かれ オブジェを眺めながら 気持ちのいい時間を過ごせます。

庭園には 緑の小さな丘にアベックベンチ


芝生の庭園には 小さな蓮の池もあり モネの画を思いうかべる綺麗な色合いでした。

芝生の庭園には 小さな蓮の池


館内にも たくさんの展示作品があり 室内空間が広く モノトーンが合いそうなので何枚か収めてみました。

ヴァンジ彫刻庭園美術館 館内
ヴァンジ彫刻庭園美術館 館内 作品

お昼には クレマチスの丘内のレストラン「リストランテ プリマヴェーラ」

クレマチスの丘内のレストラン「リストランテ プリマヴェーラ」

「リストランテ プリマヴェーラ」とはイタリア語で「春」「物事の始まり」を意味するそうです。

庭園とアートに囲まれた こちらで旬な地元の食材を使った 美味しいお料理をいただきました。

クレマチスの丘内のレストラン「リストランテ プリマヴェーラ」お料理


クレマチスの丘でも ワンちゃんに出会えることができました。

人なつこい ゴールデンレトリバー犬 わんちゃんから近づいて来てくれました。

クレマチスの丘で出会ったゴールデンレトリバー犬


「クレマチスの丘」は 広大な おしゃれな施設で 緑のガーデンと広い空間にあるアート

美味しいお料理も楽しめて すばらしい時間を過ごすことができました。

「クレマチスの丘」は 美しい庭園と美術 おいしいお料理も楽しめます。


予定した時間では 廻ることができず また訪れることを楽しみにします。

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

休日のお楽しみちょこっとアウトドア・・・・・ ハイキング & 火祭り


今回の ハイキングは富士山の絶景ポイント 東海道自然歩道にある「紅葉台」~「足和田山」

富士山絶景ハイキング

東海自然歩道は 東京都八王子市高尾の「明治の森高尾国定公園」から

大阪府箕面市箕面の「明治の森箕面国定公園」までの長さ1,697 km の 途方もない距離の自然歩道


その一部の 富士山周辺の富士山の絶景ポイントを ちょこっと歩いてきました。

お馬さんと屋外散歩に遭遇


「紅葉台」の駐車場を出発するとき 偶然大好きな "馬" に会えました。

猛暑でお馬さんもお疲れぎみ

それも あこがれの場外散歩 いつかチャレンジしたいです。猛暑で お馬さんも グッタリお疲れぎみのようです。


「紅葉台」頂上までは さほどの距離はありません 頂上にあるレストハウスからみる富士山

天気のおかげか すご~く近くに見えます 登山道や建物 が小さく見えるほどです。

三湖台のテラスから見る富士山


こちらの レストハウスの展望台が『ブラ・タモリ』の ロケ地になり タモリさんも来たそうです。

久しぶりに こんなに 大きく 美しい富士山を 眺めることができました。


「紅葉台」頂上から 東に進みますと「三湖台」という 展望台に出ます。

三湖台のテラスから見る富士


こちらも あるアウトドア番組で ロケ地使われた場所で とても綺麗に整備されています。

こちらの 展望台から西湖・本栖湖・精進湖 の 三湖が 見渡せますもちろん 富士山も!

ハイキング途中で見える西湖


天気も 良く絶景を 楽しむことができました!!

こちらまでは 車とちょっとの歩きで来る こともできますので おすすめです。


「三湖台」展望台から また東に東海道自然歩道を進み 今回目標の「五湖台」をめざします。

ここから先は なかなかの距離がありました 今年の猛暑の中で "水" をたくさん飲みました

帰りの "水" が心配になるほどです。

ちょうど 24時間テレビで「みやぞん」さんの マラソンの日 たいへんだろ~なぁ~!

ハイキング途中で見える富士と五湖


「三湖台」から「五湖台」までの東海道自然歩道では 木々の合間から 富士山と湖を 眺めることができます。

山を走るラブラドールとオーナー様と出会う


途中 お会いしたのが ラブラドールレトリバー と 一緒に走る 地元の方 "猛暑の中すごい!"

ラブラドール犬も パワフルに 飼い主様と 走れて楽しそうです!

ブラドールも暑くて木陰で休憩


「五湖台」までの 距離や時間を お聞きし 大変助かりました。


「五湖台」「足和田山」に到着 こちらには展望台の やぐらがあります。

五湖台到着から見る富士


西湖・本栖湖・精進湖・河口湖は 確認できましたが やぐらに登っても五湖見えません。

山中湖の方向を 探しても確認できませんでした。 木々に隠れてしまってるようです

せっかく五湖 の 眺めを 楽しみに歩いて来たのに ・・・・・・ とても残念!!

紅葉台からの富士の絶景

帰りに「紅葉台」の レストハウスの方に お話しすると むかしは遠くに山中湖も見えたそうです。

管理担当の所で なんとか整備されることを願います。 <m(__)m>


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


帰りに 富士山の麓の富士吉田の「吉田の火祭り」を観に行くことにしました。

毎年 8月26日 27日に行われますので 今年は日曜日の夜から 始まるので 観られるチャンスです。


日本3奇祭 日本10大火祭り にも 数えられ 富士吉田を代表するお祭りになるそうです。

山梨県の無形民俗文化財に指定されているそうです。

富士山の「鎮火祭」の名の示すとおり 富士山の噴火を鎮める祭であり お山じまいの祭りになるそうです。

火祭り直前の大たいまつ


会場に着いたのは 日が落ちかけてから すでに通り脇には 大松明の準備ができ まだ横にされています。

なんだか ワクワクしますが まずは「北口本宮冨士浅間神社」にお参り

火祭り点火前の大松明

「北口本宮冨士浅間神社」も 初めてになります 鳥居の下には 大きな松明が用意されていました。

「境内に入ると空気がちがうと聞きます」確かに こちらの 境内 神聖な 空気を感じた気がしました。

北口本宮冨士浅間神社 参道の大灯篭


参道には 大きな灯篭が 点在し 小さな灯りが 幻想的 です。

社殿 横の杉の大 木根もとの太さに驚かされます 社殿もとても大きく時代を感じるおもむきです。

北口本宮冨士浅間神社 社殿

社殿よこの大杉


こちらの「北口本宮冨士浅間神社」は 恋愛のパワースポットでも 有名で若いカップルの方も多く参拝されていました。

参道の灯篭が灯り幻想的

境内を出ると 表の国道に立てられた 松明に 白装束の方々の お祈りの中 点火されていました。

お祈りをあげ 松明に点火

富士吉田の 本通りに入ると 高さ3メートルの筍形に結い上げられた

大松明が大通りに点々と


大松明や 井桁状に組まれた 松明に火が付き幻想的です。

時間がたつと 松明の火は 燃え上がり祭りの 雰囲気も幻想的から 力強いものを感じます。

冨士吉田の火祭り

松明の 横を通るときには 熱くて観光客の方たちも「あちぃ~!」と 避けて通るほど 凄まじい炎になり ビックリです!

その大きく燃えた 大松明がお祭りのメイン通りに 何本も立ち並ぶ模様は壮観です。

祈祷を行う富士講行者


途中「御師の家」の前では 大松明の前で 加持祈祷を行う富士講行者の姿を見ることができました。

「御師の家」とはむかし富士山信仰で 全国から来た富士に登られる方たちの 宿であり接待をされるかたの家


松明の炭は 安産・子授や無病息災の 御守となるそうで はっぴ姿の若い氏子が

大松明が大通りに点々と


松明の前で 赤ちゃんを抱いた方を 囲んで お祝いをしているようで とても微笑ましい様子です。


メイン通りを外れて 脇道でも 井桁状の松明を燈しているお家があり ご主人に少しお話を伺いました。

井桁に組まれた松明


ど~して松明がある家と無い家があるのですか・・・ とお聞きすると
むかしは 多くの氏子がいて沢山の松明だったそうです。

また喪中の家は祭りにも参加しない 火も見ると良くないという 言い伝えで

喪中の家はど~したらいいのですか・・・ お祭りの期間は旅行に出かけるそうです。


こんは大きな炎を 家の近くで燃やして危なくないのですか・・・ 松明の消し炭(オキ)は

火防のおまじないになるそうで これまでに一度の火事も起こしたことはないと言われているそうです。

お祭りの会場をあとにするとき 富士山を振り返ると 山小屋などの 松明の灯りも見えてとても 幻想的で

富士山の山小屋の灯りも見えて幻想的


力強い 地域のパワー を感じる すばらしいお祭りでした。

今年の夏は まだまだ暑くて夏の終わりを感じませんが

夏の終わりを告げる お祭りに行き 少し寂しい気持ちになりました。

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

休日のお楽しみちょこっとアウトドア・・・・・「養老天命反転地」


夏休みに 少し足をのばして岐阜県の養老にある「養老天命反転地」に出掛けてみました。

私は まったく知らなかったのですが 人気テレビのロケ地でも紹介されたそうです。

向かいながら 説明されたのは体験型・芸術作品がある謎のテーマパークということです。

恵那山トンネルをぬけ 西へ

ケガしないように・・・と 良くわからないまま ?? 久しぶりに 恵那山トンネルをぬけ 西へ

岐阜県突入

情報としては 芸術を見て楽しむのではなく 中に入って体験して楽しめるのが "ウリ"

アスレチックみたいに 子供だけでなく 大人も楽しめる 要素が満載のスポットだそうです。

養老の天命反転地

養老天命反転地 園内の第一印象は 奇妙な建物 ? 芸術 不思議な丘 オブジェが点在する不思議な公園です。

作品の外観は 不思議な形中に入ると その体験型という意味がわかりました。

最初に入ったのが「養老天命反転地記念館」

カラフルなパビリオン

迷路のように入り組んでいて 床がクネクネに 傾斜が付いるので 移動するに思ったより疲れました。

「養老天命反転地記念館」「養老天命反転地記念館」内部はカラフルな 迷路のようになっている

カラフルな 迷路のようになっているので 若い女子はインスタ映え写真を撮っていました。

「不死門」というアートには 竹の門の下に 猫のオブジェが置かれています。

「不死門」というアートには 竹の門の下に 猫のオブジェ

「極限で似るものの家」

屋根や地面には 岐阜県の地図があり 外観のゴツゴツした壁と 中に入ると狭い壁

「極限で似るものの家」

曲がりくねった床 不思議な家です。こちらも観て廻るのが大変で大変 疲れました。

「楕円形のフィールド」

日本列島をモチーフにした屋外施設で

すり鉢状になっている フィールドにさまざまな パビリオンが配置されています。

日本列島をモチーフにした屋外施設の「楕円形のフィールド」

ここは 屋外 夏休み 今年は猛暑 すり鉢状 巨大なフィールド  も~大変でした

テーマが「死なないために五感を目覚めさせる」ですが 死にそう~でした。 (笑・笑)


とても 不思議なテーマパークで 印象的でしたので 後日少し調べてみました。

作者は 美術家の 荒川修作とマドリン・ギンズさん

荒川修作さんは とてもユニークで 破天荒な方で逸話もいくつかあり

ボブ・ディラン や 三島由紀夫氏との エピソードは面白いです。


養老天命反転地は 「死という人間にとっての天命を反転すること、つまり死を認めないという」テーマ

「死なないために五感を目覚めさせろ」ということですか

オープンした当日からすでに けが人がでていたそうですが

作者の荒川氏は「案外少ないな」と平然としていたそうです。

園内には ヘルメットとシューズの貸し出しもあります。

破天荒な 作者が作った ユニークで 刺激的 な テーマパーク

確かに 体力をつかい 脈拍も上がり ”生 ” を感じることができる 不思議なテーマパークでした。



養老といえば やはり「養老の滝」行ってみました。

養老の滝周辺は 公園に整備されていて

河原は 水遊びができ お子さん連れの ご家族がデイキャンプを楽しんでいました。

駐車場からは 1.2km 徒歩30分 なかなかの上り道でしたが 沢山の観光客の方が登ってました。

「養老天命反転地」の後なので 私は上り坂で ぜえぜえヘトヘトでした。

「養老の滝」

高さ30mの滝は 優雅な姿で 太陽の光も射し込み 神々しい 写真が撮れました。


滝近くで 出会えたのが セント・バーナード犬  久しぶりに 会えましたが やっぱり大き~い

滝近くで 出会えたのが セント・バーナード犬

わたしと同じく ぜえぜえヘトヘト お疲れのようです。

セント・バーナード犬は 坂道の脇を流れる"養老の水"で 体を冷やしていました!

セント・バーナード犬は

私は 養老の水で 冷たく冷やされた "養老サイダー " で体を冷やしました。 (笑)

養老の水で 冷たく冷やされた


宿泊は 日本の三大名泉にも数えられる 下呂温泉

下呂温泉


山間にある 静かな温泉地ですが 夏休みということもあり

若いカップルの方が 多いのに驚きました。

下呂温泉は ゲロにかけて カエルの モチーフ

下呂温泉は ゲロにかけて カエルの モチーフが良く使われていました。

行列のできる 飛騨牛専門のお肉屋さん (湯島庵)

下呂温泉の 行列のできる 飛騨牛専門のお肉屋さん (湯島庵)

飛騨牛 あぶり寿司 二冠 海老せんべい 乗せ いただきました~

飛騨牛 あぶり寿司 二冠 海老せんべい? 乗せいただきました~!

下呂温泉 合掌村 白川郷の合掌造りの 家屋を移築してつくられた観光名所

下呂温泉 合掌村 白川郷の合掌造りの 家屋

昔懐かしい雰囲気たっぷりで ゆったりとした時間を 過ごすことができました。

今年の夏は 猛暑で 外で遊ぶのも大変ですが 楽しい 岐阜での夏休みになりました。

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

休日のちょこっとアウトドア・・・・蓼科


今回は 蓼科にある北横岳(2,480m)のハイキングを目的に出掛けて来ました。


初心者向けの ハイキングコースです 中腹までロープウェイで行けてしまうので


蓼科にある 北八ヶ岳ロープウェイの駐車場までドライブ!

北八ヶ岳ロープウェイ駐車場


ロープウェイは 大型で100人乗り 一気に中腹まで連れて行ってもらえます。

北八ヶ岳ロープウェイ


ロープウェイの 頂上には『坪庭』という 遊歩道が整備された 散策路が整備されていますので


こちらまでは 登山をされない観光客のみなさんも 楽しめるコースになっていました。

北八ヶ岳ロープウェイ頂上『坪庭』遊歩道


遊歩道の先に『北横岳』に向かうルートがあります


『北横岳』山頂からは 蓼科山が眺められました 次はチャレンジしようと思います。

北横岳から見た蓼科山


山頂での お昼には 綺麗なハチさんが 遊びに来てくれました。
標高約2500mと高い所にもいるのですね~!

山頂でのお昼に遊びに来たハチさん


山頂までのルートは 少し岩が多くて 足裏が大変でしたが


中腹まで ロープウェイで連れて行ってもらえるので


お手軽な ハイキングコースでおすすめです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


帰りに 蓼科の奥にある『女神湖』で休憩

静かな小さな湖『女神湖』


涼しく静かな小さな湖 周りに遊歩道があり


お散歩に訪れる ワンちゃんがたくさん来ていました


ゴールデンレトリバーラブラドールレトリバーに 出会えましたが

『女神湖』で出会ったゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバー


撮影をお願いしましたが 着いたばかりか

クンクンが 忙しくてカメラにはまったく興味ナシでした。 m(__)m

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

休日のお楽しみちょこっとアウトドア・・・突然のハプニング!

今回の お出かけプランは 緑一色になった 涼しい高原に行って ハイキング!

途中のお気に入りの 牧草地が お庭のような CAFE でランチ!


お気に入りのテラス


今回は 出発時間が遅くなってしまったので 近場の行きなれた高原に行く予定で出発!

何度も通る 広めの国道を のんきにドライブ中~!

突然 車の左前方の草むらから 飛び出す " 物 " を発見!

0,?秒後には 車のボンネット左に 動物 ~?!  (@_@;)

瞬時に 右にハンドルをキル!  避けきれるか~~!

正面での 衝突は避けましたが 車の後ろの方で ボコッと音と振動が!

通りぬけて ルームミラーで後ろを見ると


観光地近くに鹿の群れ


5頭ぐらいの 鹿さんが道を横断中! " 鹿 " か~~!

一瞬のことで も~ビックリ! 心臓バクバク!

鹿は 道を横断して行ったので たいしたことないだろうと思っていましたが

駐車場に着いて ビックリ! (+_+)

車の うしろ側面が~~ボコリ!  まいった~!


鹿と衝突で車がべコリ


鹿は 夜行性らしいですが 明るい午前中でした?

鹿は まっしぐらの突進で 道路を渡るんですね!


鹿の飛び出し注意の標識



鹿やその他の 動物注意の看板 見かけることありましたが

今回のことで 意味が良くわかりました。


鹿たちは 道路を横断して行ったので 大丈夫だと思うのですが~?

今年半ばまでの 一番のハプニングでした!!



ハプニングに めげずに お気に入りのテラスで 野菜カレーのランチ


高原のテラスで野菜カレー


帰りには 涼みに 森の中の美しい滝 で休憩


森の中の美しい滝


帰路につきましたが たいへんな経験をした 一日でした。

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

休日のお楽しみちょこっとアウトドア・・・新緑の季節


高原の山焼きも、終わり

高原の山焼き

新しい緑となりました。
外に出かけるのが、ますます楽しい季節です。

新緑の季節

ゴールデンウィークは近くで、小さなアウトドアを楽しみました。

かわいくきれいな風除け公園

蓼科高原近くの『風除け公園』ドライブ途中に休憩
八ヶ岳や車山高原が、一望できる眺めのいい、かわいい公園です。

高原近くのかわいい鳥居と祠

近くを散策していると、かわいい鳥居と祠をみつけ、失礼して写真をパチリ!

かわいいヘビー

さんぽの途中では、これまた かわいいヘビちゃんに遭遇
ヘビはベビーでも(笑)苦手ですネ~! 近寄れません!


お気に入りの、河口湖畔の芝生の公園にピクニック!

雪どけまえの美しい富士山

お天気もよく、富士山も雪どけ前の美しい姿でした。

芝生の公園でコーヒー&サンドのランチ

ランチは、芝生の上で おしゃれを気取って
コーヒー&サンド で楽しみました。

こちらの公園は、ワンちゃんも OK なので
湖を眺めながら、たくさんの方が、ワンちゃんをつれて芝生のうえで楽しんでいます。

河口湖の湖畔の公園で出会ったボーダーコリー

今回 出会えたのは『ボーダーコリー』の小犬ちゃん、まだ体が細いですが
とても元気に、跳んだり走ったり 素晴らしい運動神経です(笑)
とても綺麗な毛並みで、フレンドリーなボーダーコリーとオーナー様でした。


ランチのあとは、人混みをさけてこの季節に
大人気の新倉富士浅間神社に、はじめて行ってみました

桜の季節はすぎ、夕方近くですが、まあまあの観光客の方がいらしていました。

新倉富士浅間神社社殿


社殿は、山の中腹にあり、静かなおもむきですが
絶景ポイントの 五重塔に上がると
たくさんの外国の方が、富士山と五重塔
すばらしい眺めを、うっとりと長い時間楽しんでいました。

桜の季節は、大変なことになるのでしょう。
富士山と桜と五重塔  これぞ日本ということでしょうか!

新倉富士浅間神社からの五重塔と富士

桜はなくても、とてもいい富士山ポイントでした、

雪どけまえの美しい八ヶ岳


富士山の雪化粧もキレイですが、八ヶ岳の雪化粧もいいものです
高原はだいぶ暖かく過ごしやすいですが
高い山は、まだまだ寒いのでしょう!

高原で優雅に暮らすボーダーコリーの老犬

八ヶ岳高原にある、お知り合いにご紹介いただいた
コーヒー豆ショップの『珈』さん に、立ち寄ると
こちらには、ボーダーコリーの老犬が
目がもうわるくてと、オーナー様のお話ですが
高原には、ボーダーコリーのような大型犬が、よく似合います。
あこがれです!

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

休日のお楽しみちょこっとアウトドア・・・河口湖に桜をおいかけて

河口湖へ・・・富士山と桜を見に出かけました。

撮影の時は、あいにく雲がかかってしまいましたが

河口湖畔からの富士山と桜

天気も良く、沢山の方が「富士と桜」を撮影に来ていました。

富士にかかった雲がはれるのを待とうと、河口湖近くの

河口浅間神社に寄り道しました。

河口浅間神社 鳥居

大きな木が、そびえ立ち歴史を感じる佇まいです

鳥居をくぐると、大きな杉並木の参道があり、奥に進むと

河口浅間神社 杉並木の参道

途中歴史ある社殿らしい「随神門」その奥が拝殿になります。

河口浅間神社 随神門

河口浅間神社 拝殿

拝殿脇には、神事に使う大きな提灯と御神輿も、きれいに収められていました。

河口浅間神社 提灯

河口浅間神社 お神輿

拝殿手前に、狛犬と

河口浅間神社 狛犬

根が別々の楓の木が上部で、一つになっている『連理の楓』という

河口浅間神社 蓮理の楓

不思議な木がありました、夫婦円満を願い

男性は反時計、女性は時計回りに一周して祈願するそうです。

河口浅間神社の神様は、姫神だそうで、縁結びや家庭円満のパワースポットでもあるそうです。

また、拝殿脇に巨大な杉の大木が立ち並び、こちらは

富士山の噴火を鎮めるために、建てられた『七本の杉』が天然記念物

その中の巨大な杉が二本並び立つ 「夫婦杉」

河口浅間神社 夫婦杉

こちらの河口浅間神社は、巨大な杉の大木が印象的でその中にある

歴史的で、大変落ち着いた・おちつく場所で、いい空気の神社でした。


近くには、富士山信仰の方の宿として栄えた、御師の家がありましたが

富士山は、まだまだ遠いと思うのですが、昔の人は、ここに宿をとり

もちろん歩いて富士山に登りに向かったと思うと、すごいですよネ~!

河口湖畔のピンクの桜


湖畔にもどり、撮影ポイントを探していると、ピンクの桜が、沢山咲いている場所に・・・

そこで、出会ったのが ラッシー犬(古)のシェットランド・シープドッグ

ラッシー犬(古)のシェットランド・シープドッグ

とても、綺麗な毛並み、ナデナデさせてもろいました、なんという落ち着きでしょう。

飼い主様とお話しすると「人見知りはないのですが、他のワンちゃんと遭遇すると
吠えてしまってダメなんですョ~」

犬も、それぞれ個性があるものですね!

桜のトンネルを散歩する、シェットランド・シープドッグ

桜のトンネルを散歩する、とても綺麗でおりこうさんのシェットランド・シープドッグでした!

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

休日のお楽しみ・・・ちょこっとアウトドア・・・・藁の犬に魅せられて

桜満開

今年も『 桜 』がキレイに咲いてくれましたネ!

日本橋

だいぶ暖かくなったので お江戸 日本橋にでかけました。
スタッフに、紹介された個展を観に、日本橋『三越』に

日本橋 三井タワー

日本橋は、三越やおとなりの三井タワーなど
歴史的でレトロな、建物があります。

日本橋 三越 玄関

三越の建物は、ネオ・ルネサンス様式と言うそうですが
ゴールドカラーを使った、華麗な装飾の正面玄関

三越 レトロな外灯

クラシカルな外灯が付いた柱も、レトロな感じの装飾がされ
とても、おしゃれでモダンな作りです。

三越 ホール天井のモダンなステンドグラス

1階中央ホールは、5層吹き抜けの大空間があり
天井には、綺麗なステンドグラスが美しいです。
ホール中央の木彫『天女像 まごころ』は
あっかんの大きさで、豪華絢爛です。

三越 天女像『まごころ』


目的の個展ですが、スタッフにパンフレットを見せてもらい
表紙の、ブルドックのような犬の作品をみたくて・・・

下山直紀先生 個展 パンフレット

会場階のエレベーターが開くと、目的の犬の彫刻がいました(笑)
  それも2体? 迫力です!!

パンフレットのブルドック(?)は、一体でしたが
  ど~も、違うみたいです?

Straw dogs 阿犬

パンフレットの犬の彫刻は、『STRAW DOG』 藁の犬 という題目で
木目肌で、ブルドックのように筋肉モリモリで
口はふさぎ、キバが上下に突きだした表情で
下から、人間を見上げて 何か言いたげな表情の
存在感、ありありのブルドックを思わせる犬の彫刻ですが

個展会場の、2体のブルドック犬(?)の題目は
Straw dogs『阿/吽』とありました。
二体ならんで、仁王像を想わせる対の力強い彫刻です。

Straw dogs 吽犬

阿/吽は、口を開く像と、口を閉じる像のはずですが

この対の、犬の像は、口を開いた像はベロを出し
口を閉じた像は、ベロで口を閉じた、面白い 阿/吽の表現です。

・ 阿は ~ 始まり
・ 吽は ~ 終わり  を表すといいます。

阿犬は、耳を立て 口を開け ベロを出した にこやかな顔

吽犬は、耳がたおれて ベロで口を閉じた 真剣な顔つき

犬の表情で、感情をリアルに木で彫りあげた、すばらしい造形です。

STRAW DOGS 藁の犬


後日、スタッフより STRAW DOG 『藁の犬』 の画像をいただきました
こちらのブルドック犬の像は、木肌に刃物あとものこり
筋肉質で、どっしりした 何か大きなものを感じる 
大きなブルドック犬の座像です。

『傲慢な人間を睨んでいるような、すごい顔つきです』

こちらの彫刻も実物を観てみたかったですネ~!

阿/吽 犬 と 藁の犬 を観て ・・・ 宇宙では、犬や猫も人間もすべてが仲良く暮らしましょう!


下山直紀先生の作品は、木を使った彫刻で
いろいろな動物をモチーフにした木彫を、制作されているみたいです。

『STRAW DOG』藁の犬 ブルドッグ犬の木彫以外の作品で
素晴らしいと思った作品を紹介します。

アフガンハウンド犬の木彫りの彫刻


~ 優雅な犬の木彫 ~ 『 reigns 』

アフガン・ハウンド犬をモチーフにしていると思うのですが
とても優雅な曲線で彫られた大作です。

顔が犬なのですが、よ~く見ていると
何となく、人間の顔に見えてくるのですが? 不思議です!

ドーベルマンとプードルの木彫

~ ゴージャスな犬たち ~ 『 grand luxury 』

他の作品とは違い、とても細くて可愛いワンちゃんたち

ドーベルマンとプードルを表現した作品の木彫

正装した、ジェントルマンの犬が、モダンなファッションのレディー犬に

バラを一輪くわえて、告白しているような作品です!

山猫のような美しい不思議な木彫

~ 不思議な美しい動物 ~ 『 fables 』

fables とは、寓話という意味があるらしいですが

こちらの作品は、ネコ科の動物にみえますが

ハッキリと何かは解りません、寓話の中の動物でしょうか。

顔は山猫のようにも見えますが、舌をベロ~ンと出した不思議な表情です?

姿も、動物ではありえない体が伸びた形、立っているわけでもなく、宙に浮いた状態の展示です。

手足の彫りや、全体の肌の彫りなど、とても美しいです!

縦に細長い全体の感じやシッポの曲線など、とても好きになった作品です


私は芸術は、わからないですが、ワンちゃんの彫刻を観に出掛けたわけですが

下山直紀先生の作品を、観させていただき

木を使った動物の彫刻は、不思議な作品でたいへん興味深く面白かったです!

家に飾って、いつも、観ていたいと思うぼど、すばらし作品たちでした!


犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

【ジャックラッセルテリア】の「JACK」君 ・・・犬や猫には外の世界には危険も・・・ No,4


犬や猫にとって、外の世界は自由ではありますが
人間が暮らす所には危険なことが沢山あると思います。

「JACK」君の場合は、自由になりますと
まっしぐらに走りますので、車が一番に心配です。

車を運転していると、道路で車を避けながら渡る、犬や猫もいますが
車を見ないで、走り渡ってしまう、犬や猫もいます、あれは危険です!
「JACK」君も、とってもあやしいのです。
車などと接触してケガなどしないか心配です。

他、何らかの理由で戻れない・想像もしないことが起こる 迷子です。
遠くへ行きすぎてしまったり、何か怖い思いをしてしまったり

犬や猫を大切 に思う方は、何か事件的 なことが起こって
戻れないことが、あってはと考えると思います。

犬や猫の迷子札のお店マスコットジャクラッセルテリアのJACK君


もう一つ、私が考えるのが「JACK」君は好奇心旺盛な ”自然犬”です。
犬や猫が、私たちの知らない間に住宅地を自由に行動してしまった場合

ご近所で、ご迷惑をかけたり・事件をおこさないか心配になることがあります。

そのためにも、迷子札を付けるようにしています。
犬や猫迷子を、防ぐためのものですが

「JACK」君のように、元気でパワフルなワンちゃんが
知らない間に、お出かけして、もしもご迷惑をかけた場合でも
迷子札を付けていれば、連絡が取れるのではないかと思います。


犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

【ジャックラッセルテリア】の「JACK」君 ・・・身軽で忍者のように?・・・ No,3


ドックランの囲いは、格子になっていますので「JACK」君は高い囲いでも
手というか足をかけて、よじ登ってしまいます。

ビックリしたのは、私のみた時、囲いの狭い上を、猫みたいに渡り歩いていました。
あまり犬では、見ないような気がするのですが?

身軽で、高い所も怖くないようなのです・・・忍者のようです(笑)

ジャクラッセルテリアは高い所も得意です。


これでは、囲いのいみがなく、「JACK」君の脱走・・・お出かけ?は簡単です。

犬や猫の ・・家に戻る本能・・は良く知られることですが
たしかに、「JACK」君も家には戻ってきます
戻ってきたときは、不思議なことに家には戻って来ますが
よじ登って、囲いの中までは戻らないのです。

なぜでしょう? 戻ってしまえば、脱走も、もしかしたら
見つからなかったかもしれません、
やっぱり、脱走する時は「JACK」君も、必死だからできるのでしょうか?

そこが、「JACK」君の、可愛いところなのですが!

脱走・・・お出掛けは、迷子や危険なことが考えられます・・・対策しなければ・・・・・


犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

【ジャックラッセルテリア】の「JACK」君 ・・・脱走計画・・・ No,2


【ジャックラッセルテリア】は、体が小さいので
その分ドックランの囲いは細かくしていますが囲いの隙間に

顔を突っ込んみ キョロキョロ・・音がする方に行ったり来たり・・・
鳥や虫が飛んで来れば、犬なのに飛んで遊ぼうとします。
(小さい頃は、動くもの何にでも反応して、光や影も追いかけるほど好奇心旺盛でした)

ジャクラッセルテリアのジャック君

ま~外に出してあげると、いそがしく元気に動きまわります。

ここまでは、自分の小さなドックラン内ですからいいのですが
何とか、外に出ようと試みる訳です。囲いの隙間をこじ開けようとしたり、
土の部分を掘ってみたりと、チャレンジします。

この「JACK」君の脱走計画の痕跡を、わたしが修理するのが「JACK」君と私の戦いです(笑)

「JACK」君は、見ているあいだは工作活動を、しないのですが
誰もいない時をねらって、脱走計画をすすめます
あちこち、隙間や穴を修理して、攻める所がなくなってくると、新たな作戦にでます。

囲いは、高さが1m以上あり「JACK」君には、高いはずですが
ど~も上を越えているみたいなのです。

囲いには、異常がなく、脱走の痕跡がないことを考えると、ど~も上みたいなのです?
何せ、見ている間は脱走作戦は、しないので解らないのに、外に出ているのです。

そこで、私も「JACK」君の監視計画を実行
影に隠れて見ていると、びっくり!しました、うちの「JACK」君は犬なのに猫みたいなのです・・・・・


犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

休日のお楽しみ・・・ちょこっとアウトドア・・・・東京さんぽ


今回は、お江戸に出掛けました。

最初に向かったのは、明治神宮  もう年始ではないので
すいているかと思いましたが 人・人でした。
それは、そうですよね、東京・それも原宿からあんなに近いのですから 外国の方の多いこと

明治神宮 参拝

明治神宮は、パワースポットとして、人気があるそうです。
大鳥居・木造では日本最大でヒノキで作られているすです。

明治神宮 ひのき木製の鳥居 日本最大

拝殿も大きく、参道も長くてとても広いです。
東京にあるとは思えません、お正月には、こんな広い所も人でいっぱいになるのでしょう~

明治神宮はパワースポットでも人気

途中、結婚式を挙げているご夫婦とお会いできました、外国人の方は興味しんしん
明治神宮で、式を行うのも日本人としてはイイものですネ

明治神宮 結婚式

おもわず、関係ないのに拍手して、みおくりました。

明治神宮のパワースポットといえば、みなさんもご存じの「清正井」も観てきました。
ここだけは、訪れる人を整理する係の方がいるほど、まだまだ人気スポットでした。

明治神宮のパワースポット 清正井

とても、清らかな湧き水で、自分が写されるようでした。

六本木ヒルズ

移動して、はじめて"六本木ヒルズ"にもよってみました。
高くて、大きくて、美しいビルです。初めてでは、難しいつくりで、迷子になりそうです。

六本木ヒルズレジデンス

お昼は、オーガニック・カフェ【Mr,Farmer】で 野菜がいっぱいのランチを
おいしくいただきました。

オーガニックカフェ ミスターファーマー

ヒルズのまわりには、美術館やオブジェがあり、綺麗なところでしたが
一度では、難しかったです、またチャレンジします。

ヒルズのスパイダー


犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】


【ジャックラッセルテリア】の「JACK」君 ・・・パワフルで元気いっぱい・・・ No,1


犬と猫との生活は、癒しあり笑いありと楽しいものですが、いろんなハプニングも起こるものです。
うちの、ヤンチャボーズの「JACK」君が、巻き起こすハプニングで多いのは、脱走行為ですネ~!

【ジャックラッセルテリア】を、飼い始める時は

「体は小さいけれど運動量が多く、パワフルで大変だよ」とよく言われました。

でも私は、室内犬としてだけで飼うつもりはなく
犬と散歩や、外で走り回ったりアウトドアを一緒に過ごしたいと思っていたので

元気なワンちゃんを期待していました。
期待以上に、やってきた「JACK」君は、元気いっぱいのヤンチャボーズです。

ジャクラッセルテリアはパワフル


散歩は、公園にいっても山に行っても「ハアーハアー」いいながらも自分から休むことはありません。
アスファルトばかり歩くと、肉球が赤く腫れてしまっても、グイグイ歩きます。

散歩やアウトドア以外、室内ばかりではと思い、小さな庭に囲いを作り

小さな小さなJACK君専用のドックランを作り
自由に遊ばせてあげるのですが、犬の性格や本能を見ることができます。

ここで、「JACK」君と囲いとの、戦いが始まります(笑)この時によくハプニングが起こります。

ヤンチャボーズのジャクラッセルテリア


好奇心旺盛な「JACK」君は、外がみたくて行きたくて~
・・・私たち人間も見たことない所に行ってみたいと思う好奇心は
犬や猫も同じだと思います。散歩をしても、まだまだ足りないみたいです。

犬や猫も、特に「JACK」君と私(笑)はアウトドアが大好きです。
犬や猫・そして私も含め動物の、本能だと思います・・・・・

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

休日のお楽しみ ちょこっとアウトドア  横浜・横須賀・・・・


今回は、大好きなミュージシャンゆかりの地【YOKOHAMA】に久しぶりに出掛けました。
楽曲の中にあふれる、横須賀や本牧に何となく憧れました。

YOKOHAMAでも西に位置する、本牧に向かいました本牧は初めてになります。
行く前のイメージは、古きアメリカを感じる町と思っていました。
本牧通りをすこし歩いてみましたが、横浜の中心とは違い観光する人は見かけず
地元の方が、生活する静かな商店街でした。

ゴールデンカップ・ドア

この本牧通りに今もある みなさんもご存じの レストランバー【ゴールデンカップ】健在でした。
ここにあの方もいて、演奏もしていたと思うと考え深いです。
お店のドアや看板 なにより歩道にでたテントがいい感じですネ~!

ゴールデンカップ看板とテント

ゴールデンカップの向かいにあるイタリアン・ガーデンも写真に収めました
おしゃれなカウンターバーでした、内装も外装もアメリカン!
やっぱり歩道を覆う看板が、カッコいいです!

イタリアン・ガーデン

本牧通りから、てくてく歩いて探索してみました 静かな住宅街でした
ときおり観られる店舗や住宅に、昔はアメリカンな感じがそっと残っていました。

 時代がかわり
「フェンスの向こうのアメリカ」はもう無かったですが、何となくすこ~しアメリカを感じた静かな町でした。

ヨコハマ・カフェ

本牧の帰りに、定番の山下公園によってみました。
こちらのエリアに来るのは ちょ~久しぶりですが、夕方に近く暗くなりかけ
また違ったイメージでとても楽しめました。

本牧とは違い、たくさんの観光客で、人・人・人 でした。
【YOKOHAMA】は 建物もクルマも おしゃれですネ~

横浜で見かけたカッコイイ車

山下公園からすこし足をのばして、大きな船好きなため【日本丸】

ヨコハマ日本丸


日本丸から山下公園への戻りは、疲れてしまい、シーバスという船にのりました。

そのおかげで、夕暮れ時の、海から見る山下公園エリアがとてもキレイでした。

海から見るホテルニューグランド


山下公園の目の前にあるホテルニューグランド、
建物の上にある【 HOTEL NEW GRAND 】のネオンがクラシカルでとてもいい雰囲気です。

夕暮れの氷川丸とホテルニューグランド


明るいあいだは鉄骨を組んだ感じが、古き良き時代のアメリカンなイメージ
暗くなってからのネオンが光ると、またいい雰囲気になります。

ネオンが灯るホテルニューグランド

波間の向こうに見える、氷川丸・桟橋にある白い灯台そして【 HOTEL NEW GRAND 】のネオンが
見えるこの「画」の時間がとても記憶にのこり、お気にいりです。

横浜ランドマークタワー・パープルカラー

すっかり暗くなり「横浜ランドマークタワー」のライトアップも綺麗でした。

高い所は苦手ですが、タワーの展望台から見た【YOKOHAMA】の夜景は
灯りも沢山輝いて、特にベイブリッジに向かう光の曲線が印象的で良かったですね~

ヨコハマ夜景

夕食はホテルニューグランド内でした建物は、歴史が詰まった重厚な造りで
ロビーからの大階段がクラシカルな雰囲気でとてもいいですョ

ネオンも素敵なホテルニューグランド

【 HOTEL NEW GRAND 】夜の外観もステキです!

ホテルニューグランド大階段

夕暮れから、夜更けにかけ、人気の横浜山下公園近くを探索しましたが
いままでの昼間と違い、いい雰囲気でとても良い時間をすごせました。

山手234番館


元町エリアに広がる山手にも行きました。
山手と、その名のとおり少し小高い土地の曲がりくねった道に
レトロな洋館が点在する、とてもオシャレな町ですね。

山手のきれいな洋館

その中でも、おみやげにと有名な洋菓子店「えの木てい」に立ち寄りました。

洋菓子店「えの木てい」


外観は英国式の、かわいい洋館で、建物内部もアンティークの家具や暖炉があり
レトロで、お洒落な古き良き時代の洋風建物でした。

「えの木てい」ティールーム

お昼に立ち寄ったのは、”山手のドルフィン”

山手のドルフィン


「ソーダ水の中に貨物船」は見えなかったですが
眺めのいいお店で、気持ちのいい時間とお食事でした。

遠くに見える海とソーダ水


次の日は、すこし足をのばして横須賀港クルーズ「軍港めぐり」に行ってみました。

横須賀港クルーズ「軍港めぐり」


人気があり、事前に予約が必要なほどです
アメリカ海軍と海上自衛隊の艦船を船に乗り観て回るツアーです。

横須賀港は、江戸時代よりの歴史があり、近くで大きな艦船を見られることで
以前より、来てみたかった所です。

「軍港めぐり」クルーズ船

乗船した船「シーフレンド」の、2階デッキからの眺めは、開放的で、海風も心地よく快適でした。

最初に見えてきたのは、海上自衛隊の潜水艦です

潜水艦は「海の忍者」と言われるだてあって、番号もなく真っ黒な船体で、秘密主義(笑)のためだそうです。

海の忍者 潜水艦

イージス艦も観ることができました、イージス艦は、ミサイル防衛のニュースで良く聞くレイダー船ですネ
実物は、やはりおお~きいです。

イージス艦

ひと際大きく、そして凄く高い船体の、原子力空母ロナルドレーガンも観ることができました。
ツアー船からですと、下から見上げるような大きさで空母の甲板は見えませんでした。

原子力空母 ロナルドレーガン

その他にも、多くの艦船を観ることができました

海上自衛隊の艦船

横須賀港に車を輸送する大きな貨物船も観たのですが
船の用途により、船の形もいろいろですネ、貨物船は荷物を沢山積めるように、お腹が大きく丸い船体で

車を運ぶ貨物船


艦船は、長くてあんがい細い船体でした、スピードや行動力に関係するのではないでしょうか?

海上自衛隊の艦船

ツアー横須賀港一周の帰りに、人口で作った水路を観るあたりから、案内の方が「一番横須賀港らしい風景」
説明がありました、確かに地形に守られた港で軍港には、最適だったんでしょう。

地形に守られた横須賀港

横須賀港わきの、ヴェルニー公園を散歩し公園内の cafe で【軍艦カレー】をいただきました。
公園内には、戦艦「陸奥」の主砲砲身も鎮座していました、さすが軍港ですネ。

戦艦「陸奥」の主砲

横須賀港とお別れ前に、とてもキレイで、お利口さんのワンちゃん
と出会いましたので、写真をお願いしました。
大型犬でしたので、大きな可愛い迷子札を付けていました。

横須賀港で出会ったワンちゃん

横須賀港・近く"ドン突き"の【三笠公園】の 記念艦「三笠」にも会ってきました。

「坂の上の雲」のクライマックス日本海海戦での旗艦として活躍した「戦艦 三笠」です。

乗船でき、艦内は歴史資料館でもあります。

記念艦 戦艦 ミカサ

艦首部には菊の御紋章があり、当時の日本の軍艦であったことを物語っています。

戦艦 三笠

戦艦の象徴ともいえる主砲と帆船時代の残り、マストや艦橋
「三笠」は、この帆船を想わせる部分が残っているのが、いい雰囲気です。

戦艦 三笠 主砲と艦橋

船尾にも、帆船時代の残り、司令官室の豪華さをものがたるスタンウォーク
司令官室のベランダみたいですネ

戦艦 三笠 後部

主砲上、艦橋から見た船首方向、船首は皇居を向いてるそうです。

三笠 主砲から船首

側面の副砲、栓がありレプリカのようです。

三笠 側面 副砲

艦内に入り、『司令長官室』と司令長官専用浴室を、観ていますと

三笠 司令長官室


「三笠」保存会の方が、司令長官は特別で豪華な、スペースをお使いになったと説明してもらいました。

三笠 司令長官専用 浴室


巨大な煙突や吸気ダクトが並ぶ上甲板部、巨大な造形です。

三笠 エントツ


船尾には
帆走船時代の残りのスタンウォーク(艦長などのベランダにあたるもの)があり、優雅さを感じさせます。

ミカサ帆船時代の残りスタンウォーク


日本海海戦当時そのままでは、ありませんが、日本海海戦当時、大国とこの艦船で実際に戦ったと
思うと考え深いものです。


犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

色違いお揃いで迷子札をご利用頂いております。

先日、迷子札チャームをプレゼントした友人から
お礼のメールをいただきました。

スワロフスキーの色違いの迷子札

SNSで、同じ犬種の迷子犬の記事を見て

迷子犬の投稿 SNS


迷子札を、付けようかと思っていたところだそうで
たいへん喜んでもらえました。

お散歩の時は、首輪ではなくハーネスを使うそうで

迷子札をチョーカーつかい

チョーカーにして、お使い頂いています。

迷子札を色違いお揃いでお使い頂いております。

ワンコ仲間からも、大好評とうれしいメールを頂きました。

Belle-Ciel オリジナルの迷子札    小さい迷子札/猫や小犬用スワロフスキー付チャーム

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

白い海の貴婦人に会い行ってみました。

海の貴婦人、帆船『海王丸』が港としては、近くの清水港(日の出埠頭)に
入港していると知り、休日の午後から急きょ車で向かいました。
最近、大きな船に興味があり、特に帆船を近くで見られると思い、わくわくです!

海王丸 清水港 入港

清水港(日の出埠頭)到着

白い船体がとても美しい

ま近で、『海王丸』を見ることができました。
白くて、とても綺麗な船です。
マストとロープが何本もあり、帆船は複雑な機能です。

帆船はマストろロープが複雑

ほんと~に残念なのですが、到着した時間が遅くてイベントは終了していました。

海王丸のライトアップ


帆を張った貴婦人には、会えませんでしたが
船首の女神には会うことができました。

海王丸船首の女神

いつか、帆を張った白い海の貴婦人に会いたいものです。

次は帆を張った「白い貴婦人」に会いたいです。

海の白い貴婦人海王丸

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

安藤忠雄 展  -挑戦ー   国立新美術館

世界的建築家 安藤忠雄さんの展示会を見てきました。
日曜日に行きましたので、たいへんな人数の方がいらっしていて
入場制限がかかるほどでした。

世界的な建築家安藤忠雄展


展示内容は、スケッチから設計図・模型など数多い展示がありました。
写真撮影は、規制されていて2点しかありませんが
安藤忠雄さんの代表作  -光の教会ー

安藤忠雄さんの代表作「光の教会」

代表作「光の教会」外観


やはり芸術は、光と影ですかネ~!

こちらで休憩 お茶しました。

こちらで、休憩しました。

直島プロジェクト 模型

直島プロジェクト設計模型

私は、もちろん建築家ではありませんが建築の世界も
緻密で細かい作業で、たいへん興味深いものでした。

国立新美術館

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

歌舞伎『ワンピース』を観るため出かけてきました。

新橋演舞場に歌舞伎を観に

お江戸に出掛けたのは、新橋演舞場に歌舞伎『ワンピース』を観るためでした。
歌舞伎とワンピース両方とも好きなので、コラボした作品に興味をもちました。

歌舞伎とワンピースのコラボ舞台

市川猿之助さんもNHKの大河『龍馬伝』で、最後に龍馬の刺客役を観て
その、迫力の演技でたいへん好きな役者さんです。

スーパー歌舞伎ワンピースは大人気でした。

歌舞伎とワンピースのコラボは、どうなるのかと思っていました。
まず衣装が、着物と鎧が融合されていて、とても良かったです。
ワンピースのマンガの世界を、光と影それと水(ほんとうの水が使われてます)
などを使い舞台上で、うまいこと表現されていました。

市川猿之助さんお早い回復を・・・

たいへん残念なのは、猿之助さんがこの舞台で大怪我をされて
猿之助さんのルフィが観れなかったことです。
早く回復されます様に・・・・

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

日本一の大きさを誇る「黒部ダム」に行くことができました。

長野県と富山県の境にある黒部ダム
とても遠い気がして、憧れていたのですが
出かけてみると、思ったほど遠くなく行くことができました
長野県の扇沢駅までマイカーで向かいました。

黒部ダムの入口「扇沢駅」


扇沢駅からは、トロリーバスに乗り換えトンネルを通りダムに向かいます。

黒江ダムに向かうトローリーバス


全長6,1KMもある長いトンネルでした。途中難工事で知られる、
水が流出している破砕帯を通過して黒部ダム駅に到着です。

黒江ダムで有名な難工事のトンネルをトローリーバスで

日本一の大きさの黒部ダムは、迫力満点で圧巻でした。

日本一の大きさ「黒部ダム」


立山連峰や北アルプスの大パノラマの美しい自然の中にあり素晴らしい所でした。

黒部のダム湖

黒部ダムの迫力の放水!

黒部ダム迫力の放水

ダムの真上から見た放水

黒部ダム上から見た放水

放水の水しぶきで虹も見えました!

黒部ダムの放水に現れた「虹」


天気も良く、とても大きな『黒部ダム』は、きれいな造形でした。

お昼のダムカレー

お昼の人気のダム・カレー

戦後の電力不足を解消するためにダム建設が急がれたそうです。
工事に使う資材を運ぶための工事が有名です、映画にもなっていますが
すごい工事が行われたものです、慰霊碑もありました。
人間は、すごい物が作れるものだと思いました。

難工事を語る慰霊碑

黒部ダムより、すこし足をのばしてダムより高い所にある黒部平まで行ってみました。

黒部平に向かう急こう配のめずらしいケーブルカー


トンネル内の急こう配のめずらしいケーブルカーに乗り、次にロープウェイを乗り継いで

紅葉が始まった黒部平に向かうロープウェイ


あっという間に、黒部ダムを眼下にのぞむ、高い山の上の『黒部平』に到着

黒部ダムより高地にある黒部平


紅葉も始まっていました、立山連峰と北アルプスを見わたせる
普通なら登山をしなければ来れない高さの、すばらしい大自然のパノラマを見られる所でした。

黒部平から望む黒部のダム湖と大パノラマ

黒部ダム~黒部平は、すごした時間はとても印象にのこる、すばらしい所でした。

黒部平から望む大パノラマ

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

もののけの森に 行ってみました

「白駒池」に出かけてきました

TVのCMでも、よく使われる「白駒池」に出かけてきました。

高原の美しい湖

高地にある天然の湖としては最大の大きさになるそうです。

神秘的な森

湖の回りを一周する遊歩道があり、木道で通路が整備されていて
とても歩きやすい所です。

倒木にもコケが

木道の遊歩道のまわりは森全体や倒木も含め

緑の絨毯を敷き詰めた「苔の森」が広がっていて

コケの緑の絨毯

とても神秘的な「もののけの森」の中にある美しい湖でした。

もののけの森

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

キャバリア犬 ユニークなワンちゃん!

☆ ゆかいな友人のゆかいなワンコのご紹介 ☆

私の友人にとてもユニークは方がいるのですが
ワンちゃんの可愛い写真を送ってくれない?とlineすると
案の定普通の写真は来ませんでした!
2匹のキャバリアを飼っているそうです。

まず1枚目の写真は ☆茶毛の蓮くん☆

キャバリア犬 サングラス

サングラスをかけて、ベタふせポーズ(笑)

2枚目は ☆黒毛のポン太くん☆
ゆかいな友人に捕まって?

キャバリア犬 おこり顔?の

おこっているように見える(笑)
茶毛のまゆ毛?が・・・おもしろ~い(笑)(笑)

3枚目・・・・・夏でしたネ~!

キャバリア犬 夏スイカ

キャバリア蓮くんの「スイカ」に王手!

4枚目は ポン太くん!
ごはんが待ちきれないのでしょうか?

キャバリア犬 ごはんの器

目が、完全に訴えていますネ~!
可愛い・・・キャバリア犬・・・ポン太くん!

キャバリア犬は優雅でおとなしそうなイメージですが
ユニークな飼い主さんだと、ワンちゃんもユニークなのでしょうか?(笑)

近日中に、ベル・シエル・・・オリジナルのスワロフスキー付の
迷子札チャームをプレゼントしようと思います。

茶毛の 蓮(REN)くんには、ブルー
黒毛の ポン太(PONTA)くんには グリーンの
スワロフスキーが似合いそうです!

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

休日の楽しみちょこっとアウトドア

休日のお楽しみのお出かけで素晴らしい所に行きました。

東山魁夷 作 『緑響く』 のモチーフとなった場所に行ってみました。

東山魁夷 作『緑響く』

「御射鹿池(みしゃかいけ)」という山の中にある静かな池です。

深い緑色の池の奥に、光っているような明るいみどりが輝き

まっすぐにのびる林が、水面に映りとても綺麗でした。

山の中にある静かな美しい池でした。


白い馬はあらわれませんでしたが?

静かな森の静かな美しい池です。とってもおススメです!

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

サングラスをかけたかっこいいシェトランド・シープドッグ

★休日に出掛けた美ヶ原高原で出会ったカッコいいワンちゃん★

美ヶ原のニケ

ブルーに輝くサングラスをかけたシェトランド・シープドッグ☆

サングラスをかけたシェトランド・シープドッグ

飼い主様に写真をお願いしました。
気軽くOKを頂きサングラスしてカッコイイですネ~!とお話すると

かっこいいシェトランド・シープドッグ

「実は、目の病気なんです。明るい光に弱いんです」と言われました。
私はカッコイイので気楽に写真をお願いしたのでなんだか申し訳なくまりました。
ワンちゃんの病にも、いろいろあるんだなぁと思いました
まだまだ、ワンちゃんや猫ちゃんのこと知らないことイッパイです。

サングラスをかけたシェトランド・シープドッグ

飼い主様、サングラスのシェトランド・シープドッグちゃん
嫌な思いをしていたら、スミマセンでした。
☆でも、カッコイイ~!ですよ。早く治るとイイですね!

美ヶ原には彫刻がいっぱい

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

ジャック君のとく技・・・NO 2

芝生の上で、お気に入りの「牛の爪」で遊んでいたのですが

見ない間に・・・・・・

牛のひづめがお気に入りジャックラッセルテリヤ

フェンスを乗り越えて、勝手にお出かけしてお戻りになった様です。

ジャックラッセルテリヤは高い所も得意・・・

・・・・・不法侵入者では?・・・・

高くて狭い所も、なぜか平気みたいです綱渡りの様です・・・忍者

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

休日の楽しみちょこっとアウトドア

気持ちいい高原の遊歩道のハイキングに出かけました

高原の遊歩道のハイキング

なかなかの高低差もありいい運動になりました

高原の遊歩道のハイキング

途中の遊歩道で出会ったバーニーズマウンテンドッグ

高原に良く似合うバーニーズマウンテンドッグ

撮影をお願いすると、飼い主様が「おすわり」を指示

ポーズをしてもらい、わざわざ飼い主様はフレームから

外れてくれました。何ていい方でしょ〜う

高原に良く似合うバーニーズマウンテンドッグ

高原に出かけるとバーニーズマウンテンドッグによく会いますが

こ〜ゆう広くて気持ちのいい高原に良く似合いますネ〜

カッコイイ〜

高原の遊歩道のハイキング

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

ジャック君のとく技・・・NO 1

スタッフ製作のJACKのダンボール製のお家

(すこし小さいと思うのですが?)

ジャックラッセルテリヤはせまい所好き

ジャックラッセルテリヤは狭いところが好きと聞きますが

ジャックラッセルテリヤはせまい所好き

・・・ネコか(笑)

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

笑顔のゴールデンレトリバー

休日のお楽しみ、ちょこっとアウトドアのため出かけた際に

出会ったゴールデンレトリーバー

おすわりポーズのゴールデンレトリーバー

こちらのワンちゃんも、飼い主様の指示どおり

ノーリードでおすわりのポーズで撮影させてくれました

何て、おりこうなんでしょう!

ノーリードおりこうさんのゴールデンレトリーバー

その時は、気づかなかったのですが

写真を良く見るとゴールデンちゃんが

やさしく、笑ってる様に見える気がします

どうでしょ〜うか?

笑顔のゴールデンレトリバー

とても、ほのぼのする休日になりました。

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

おねだり上手なジャック君

普段はヤンチャなジャック君も「伏せ」をして

パートナーとしてコンタクトを求めてきます。

普段はヤンチャなジャック君も「伏せ」をして

可愛いしぐさです

何かを伝えようと ジッと見つめられると

何かを伝えようと ジッと見つめるジャックラッセルテリヤ

ツイツイ我慢できずに

   カールをゲットしたジャックラッセルテリヤのジャック君

カールをゲットしたジャック君でした

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

「青空とJACK」犬の迷子札/クラウン&ボーン CM

ジャック君の、かっこいいアングルの写真がありました

チョット古くて画質が悪いですが

題して「青空とJACK

「青空とJACK」犬の迷子札/クラウン&ボーン CM

ちゃんと当店オリジナルの迷子札チャーム

犬の迷子札/王冠(クラウン)と骨(ボーン)コラボデザイン

https://charm-7.com/SHOP/PM-07.html

を首輪に付けて 何か思うジャック君でした

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

お出かけ先での・・・出会い・・・

休日の・・出会い・・バーニーズ・マウンテン・ドッグ

八ヶ岳の麓の公園で出会ったバーニーズマウンテンドッグ

休日の・・出会い・・バーニーズ・マウンテン・ドッグ 

近づくとすぐに寄ってきてスリスリ!

やっぱり大型犬は、迫力ある~!!

ちょっとビビリましたが、手を出してなでなですると、とてもお利口でした。

飼い主様に写真を撮らせて下さいとお願いすると

飼い主様が突然おすわりと言ってからリードを放してしまいました

しかしバーニーズマウンテンドッグ は、何も起こらなったように全く動かず

写真に収まってくれました。

休日の・・出会い・・バーニーズ・マウンテン・ドッグ   

すげ~!

家のJACK君では、これはチャンスとばかりまっしぐらでしょう

おりこうさんのバーニーズマウンテンドッグ  いいな~!!

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

お出かけ前のおすまし顔のジャック君

お出かけ前のおすまし顔のジャック君

外が大好き・散歩が大好きなジャック君 ★

外に出かけるとジャックラッセルテリヤの特徴がよくあらわれます。

小さい頃は動くものなんにでも反応していました

鳥や虫・揺れる花など、ま〜いそがしく動きます。

一番大変なのが、小さな隙間を見つけると必ずチェックしますね

道路わきのどぶ板ブロックの穴にも鼻を突っ込みます

猟犬の特徴が良く現れます。

ジャックラッセルテリヤの特徴小さな隙間を見つけると必ずチェック

ゴルフに行けば? このとうり・・・??

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

お散歩中の・・・・・・出会い・・・

お散歩コースの近所の裏山にて憧れのダルメシアンとビーグルに遭遇

お散歩中の・・出会い・・ダルメシアン

前を歩くダルメシアンが飼い主様がリードをはなしてしまいフリーに・・・
まっしぐらに、私の所に遊びに来てくれました
下から手を出すと、おとなしく・さわり心地もツルツルで
とてもキレイで、お利口さんなダルちゃんでした。

お散歩中の・・出会い・・ダルメシアンお散歩中の・・出会い・・ダルメシアン

やっはり大型犬はいいなぁ~
あこがれですなぁ~ ★

お散歩中の・・出会い・・ダルメシアン

家庭の事情で、なかなかむずかしい ですなぁ~

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

2017年 新年初めのごあいさつ

明けましておめでとうございます。

2017年も、Belle-Cielベル・シェルをワンちゃんネコちゃんのみんなもヨロシクお願いします。

☀️いい天気に恵まれ新年を迎えることができましたので
初詣に出かけてみました。

2017年初詣富士

富士山もとっても綺麗に大きく見ることができました。


鳥居イン富士

富士山近くの富士山本宮浅間大社にお詣りに
パーキングまで大渋滞、やはり人気の大社さんにはすごい人ですが

天気も良くて、すがすがしい気持ちです

富士山本宮浅間大社初詣

本年もよろしくお願い申し上げます。

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

愛犬のご紹介 トイプードルのロビンです(*^^*)


ペットの迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】スタッフゆーのです。

わが家の愛犬を紹介したいと思います。


トイプードルのロビン


トイプードルのロビンです(*^^*)

2,011年生まれのやんちゃで元気な5歳の男の子です。

時々ブログに登場!もしかしたらモデル犬としてもHPにも登場するかも?!

よろしくお願いいたします。

10月になって ブログタイトル【青空と大陸】のような澄んだ空だったのでパシャリ!


金木犀の香りで秋の訪れを感じます


街を歩いていると どこからともなくいい香りが…金木犀の香り✨

香りで秋の訪れを感じます。

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

10月は秋晴れの空…青空と太陽を期待したいものです。

ペットの迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】店長のSAMです


雨続きの9月も終わって10月になりましたね。
10月は秋晴れの空…青空太陽を期待したいものです。

先日 富士五湖方面 に行ってきました!

富士五湖

目的は〜これを食べたくて!!!

河口湖の美味しいかつ丼


河口湖の司食堂のかつ丼です

肉厚がありボリュ~ム満点で激ウマです!

天気も良かったので河口湖畔の道の駅にも行ってみました。


湖畔を散歩していたジャックラッセルテリアの、写真を撮らせていただきました。

写真がうまく取れなくて、スミマセン(^_^;)


河口湖湖畔で出会ったジャックラッセルテリア


これから秋の紅葉シーズン!ワンちゃんを連れてのドライブで
富士五湖周辺散策も楽しそうです。

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

車の窓から見える富士山が綺麗だったので


*16.09.25

晴れの日が数日しかなかった9月もあと数日で終わりますね。

今日は久しぶりの快晴☀️
涼しい日が続いていたので暑さがキツイ^^;

そんな今日は
興行収入100億円突破と話題の映画「君の名は。」を見てきました。
美しい映像、心に響く言葉、そして余韻の残るラストシーンととても良い作品でした。

車の窓から見える富士山が綺麗だったのでパシャり!


車の窓から見える富士山が綺麗


久しぶりの快晴のもとのお散歩かな?元気に歩くチワワ2頭連れの方
短い足でさっそうと歩いているミニチュアダックスと微笑ましい風景でした。


スタッフ C ゆーの 。
犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

ペットの迷子札・チャームのお店【ベル・シェル】マスコット/ジャックラッセルテリアのジャック君

当店・ペットの迷子札・チャームのお店【ベル・シェル】のマスコット犬のご紹介です。

ペットの迷子札・チャームのお店【ベル・シェル】マスコット犬のジャックラッセルテリヤのジャック君

ヤンチャボーズのジャックラッセルテリアのその名もジャック君です。

♡ どうぞ ヨロシク ♡

ジャック・ラッセル・テリヤのジャック君

2006年に生まれて半年0,5歳で当店のマスコットとしてやって来ました。

ジャックラッセルテリアの中でも、長い毛と短い毛の両方が混ざって生えてる

【ブロークン】のタイプになります。

元気・元気のジャック君はハプニングを巻き起こす カワイイ ♡

【ベル・シェル】のマスコットです。

ジャック・ラッセル・テリヤのジャック君

店長 SAM

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

ページトップへ