カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

【ジャックラッセルテリア】の「JACK」君 ・・・身軽で忍者のように?・・・ No,3


ドックランの囲いは、格子になっていますので「JACK」君は高い囲いでも
手というか足をかけて、よじ登ってしまいます。

ビックリしたのは、私のみた時、囲いの狭い上を、猫みたいに渡り歩いていました。
あまり犬では、見ないような気がするのですが?

身軽で、高い所も怖くないようなのです・・・忍者のようです(笑)

ジャクラッセルテリアは高い所も得意です。


これでは、囲いのいみがなく、「JACK」君の脱走・・・お出かけ?は簡単です。

犬や猫の ・・家に戻る本能・・は良く知られることですが
たしかに、「JACK」君も家には戻ってきます
戻ってきたときは、不思議なことに家には戻って来ますが
よじ登って、囲いの中までは戻らないのです。

なぜでしょう? 戻ってしまえば、脱走も、もしかしたら
見つからなかったかもしれません、
やっぱり、脱走する時は「JACK」君も、必死だからできるのでしょうか?

そこが、「JACK」君の、可愛いところなのですが!

脱走・・・お出掛けは、迷子や危険なことが考えられます・・・対策しなければ・・・・・


犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

ページトップへ