カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

【ジャックラッセルテリア】の「JACK」君 ・・・脱走計画・・・ No,2


【ジャックラッセルテリア】は、体が小さいので
その分ドックランの囲いは細かくしていますが囲いの隙間に

顔を突っ込んみ キョロキョロ・・音がする方に行ったり来たり・・・
鳥や虫が飛んで来れば、犬なのに飛んで遊ぼうとします。
(小さい頃は、動くもの何にでも反応して、光や影も追いかけるほど好奇心旺盛でした)

ジャクラッセルテリアのジャック君

ま〜外に出してあげると、いそがしく元気に動きまわります。

ここまでは、自分の小さなドックラン内ですからいいのですが
何とか、外に出ようと試みる訳です。囲いの隙間をこじ開けようとしたり、
土の部分を掘ってみたりと、チャレンジします。

この「JACK」君の脱走計画の痕跡を、わたしが修理するのが「JACK」君と私の戦いです(笑)

「JACK」君は、見ているあいだは工作活動を、しないのですが
誰もいない時をねらって、脱走計画をすすめます
あちこち、隙間や穴を修理して、攻める所がなくなってくると、新たな作戦にでます。

囲いは、高さが1m以上あり「JACK」君には、高いはずですが
ど〜も上を越えているみたいなのです。

囲いには、異常がなく、脱走の痕跡がないことを考えると、ど〜も上みたいなのです?
何せ、見ている間は脱走作戦は、しないので解らないのに、外に出ているのです。

そこで、私も「JACK」君の監視計画を実行
影に隠れて見ていると、びっくり!しました、うちの「JACK」君は犬なのに猫みたいなのです・・・・・


犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

ページトップへ