カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

迷子札の付け方/金具について

迷子札を 首輪につける際に使用する金具として
当店では 商品一つ一つに 二重カンを付属しています。

通常首輪に 取り付けられたフックは首輪に対して
[タテ]方向の向きでついています。
それに対し 迷子札のマルカンは 迷子札の正面に対して
同じく[タテ] 方向の向きで マルカンを仕上げています。

首輪のフックと 迷子札のマルカンをつなげるために
二重カンを使用して頂けると 迷子札が正面を向く角度になります。


☆ 二重カンは 多少 付けにくいですが 丸い形状で
とび出た金具部分がなく 外れにくく
犬や猫ちゃんに ケガさせることもなく 安全です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


二重カンの付け方として
二重カンの 丸線が重なった部分を 開いて
迷子札のマルカンと 首輪のフックを通して下さい。

ピンセットなどの 薄い金属を差し込んで 予め 開いた状態にしてから
マルカン・フックを 通して頂くことをおすすめします。
( 爪で 二重カンを開くと 爪をキズつけてしまうかもしれませんので ご注意ください。)



首輪のフックを 使わずに 迷子札をつける方法もあります。

首輪のベルトに 新たに [ Dカン・カクカン ] という金属のパーツを
通して迷子札を [ Dカン・カクカン ] に付ける方法です。

こちらの付け方ですと 迷子札が首輪をフリーに 動きますので
お散歩の時などに 首輪のフックを リードにお使いの時でも
迷子札が ワンちゃんネコちゃんの 首下に来るようになります。

[ Dカン・カクカン ] をご希望の場合は

別売りになりますが [ Dカン・カクカン ] をご用意しておりますので
迷子札と合わせて お使いの ワンちゃんネコちゃんの
首輪のベルト幅に あわせてお買い求めください。

[ Dカン・カクカン ] への ページは こちらから ⇒

[ Dカン・カクカン ] の おすすめポイント

◇ 犬や猫ちゃんの 首輪に迷子札を付けるとき
首輪のフック以外で 迷子札や監察を付けることができます。

◇ 首輪のフックを お散歩の時などの リード用に空けておけます。

◇ 首輪のフックに リードをつないでお散歩などの時でも
迷子札や監察が [ Dカン・カクカン ] と一緒に動いて 首下 位置にさがる。

◇ 入浴やトリミングの際に 首輪から簡単に
迷子札を外すことができます。

犬と猫の迷子札/首輪チャームのお店【ベル・シェル】

ページトップへ